メインコンテンツまでスキップ

クラスタ上の SSL 証明書を外部キーマネージャに置き換える方法

のとう

のとう

に適用されます

  • Data ONTAP 8
  • ONTAP 9
  • 外部キーマネージャ

説明

外部キー管理サーバは、 KMIP ( Key Management Interoperability Protocol )を使用してノードに認証キーを提供する、ストレージ環境内のサードパーティ製システムです。  クラスタと KMIP サーバは、 KMIP SSL 証明書を使用して相互の ID を確認し、 SSL 接続を確立します。

開始する前に:

  • 証明書、 KMIP サーバ、およびクラスタを作成するサーバで時刻を同期する必要があります
  • [ 現在の証明書をバックアップする ] をオフにします。
  • 新しい認証キーを生成しない場合は、現在インストールされている NSE 秘密キー( client_private.key )を使用して、更新証明書署名要求( client.csr )を生成する必要があります
  • Client.csr ファイルは、署名のために CA に送信する必要があります。署名が完了すると、 NSE パブリック証明書( client.pem )になります。
  • KMIP サーバ( ca.pem )のルート認証局( CA )の CA 公開証明書を取得している必要があります。
  • OpenSSL がインストールされ、 KMIP サーバと通信できるコンピュータを使用して、 PEM ファイルを確認します。

:クラスタに証明書をインストールする前または後に、クライアント証明書とサーバ証明書を KMIP サーバにインストールできます。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support