メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

SLM レポートノードを変更した後でホストの LUN パスを再スキャンしてリカバリする方法

Views:
31
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
san
Last Updated:

のとう

のとう

環境

ONTAP 9
FlexPod
SAN

説明

clustered Data ONTAP 8.3 GA以降に適用されます。

この資料では、異なるオペレーティングシステム( OS )で LUN パスを再スキャンしてリカバリする手順について説明します。また、同じクラスタ内の別の HA ペアに LUN または LUN を含むボリュームを移動する手順についても説明します。移動を開始する前( add-reporting-nodes )と移動が完了した後( remove-reporting-nodes )に、 Selective LUN Map ( SLM ) Reporting - Nodes リストを変更します。

次の手順では、アクティブな LUN パスまたは最適化された LUN パスがホスト OS のマルチパスで維持されるようにします。

[1]: SLM の詳細については、『 clustered Data ONTAP SAN アドミニストレーションガイド』を参照してください。

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support