メインコンテンツまでスキップ
NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) Identity Management
Effective December 3 - NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) identity management to simplify and provide secure access to NetApp resources. For accounts that did not pre-register (prior to Dec 3) access to your NetApp data may take up to 1 hour as your legacy NSS ID is synchronized to the new B2C identity. To learn more, Read the FAQ and Watch the video. Need assistance? Complete this form and select “Registration Issue” as the Feedback Category. 

Windows ユーザまたは UNIX ユーザに有効な権限を表示する方法

Views:
8
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
not set
Specialty:
not set
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9.2+
  • CIFS
  • NFS

概要

  • ONTAP 9.2 以降 show-effective-permissionsvserver security file-directory では、コマンドのパラメータを使用して、指定したファイルまたはフォルダパスにある Windows ユーザまたは UNIX ユーザに付与されている有効な権限を表示できます。
  • オプション -share-name のパラメータを使用すると、有効な共有権限を表示できます。
  • show-effective-permissionssectrace と併用すると、指定されたユーザアカウントに必要な権限を判別できます。
  • -path は、 SVM ルートボリュームおよびフルからの相対パスです パスを指定する必要があります
  • -share-pathを使用する場合、-pathは CIFS のエントリポイントに対する相対パスです 共有

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support