メインコンテンツまでスキップ

しきい値に基づいて重複排除を自動で分散させる方法

Views:
4
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
not set
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9

説明

  • しきい値に基づいて重複排除プロセスをずらして自動で実行するもう 1 つの方法。
  • 重複排除は、ボリューム内のデータの X % が実際に変更された場合にのみ実行されます。
  • これにより、重複排除で新しいデータを処理できるようになり、重複排除スケジュールを自動で実行して実行する場合に便利です。
  • 重複排除ジョブがアクティブなときにレイテンシが懸念される場合は、自動スケジュールを使用しないでください

 

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

 

  • この記事は役に立ちましたか?