メインコンテンツまでスキップ
We are redesigning the NetApp Knowledge Base site to make it easier to use and navigate. The new and improved site will be available the first week of October. Check out our video or read this KB article to know more about changes you’ll see on the site.

ONTAP での自動ロケーション(ノード参照)のトラブルシューティング方法

Views:
65
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
cifs
Last Updated:

に適用されます

  • CIFS / SMB
  • 『Data ONTAP 8.
  • ONTAP 9
  • Autolocation (ノード参照) 

説明

AutoLocation (またはノード参照)は、 clustered Data ONTAP で CIFS データをホストする Vserver への接続をより最適化できる CIFS 機能です。既知の設定では、この機能は推奨されないため、デフォルトでは「オフ」に設定されています。これらの構成の詳細については、この記事の最後を参照してください。
3 ノードクラスタを使用している場合、クラスタには( 3 ) nblades と( 3 ) dblades があり、データにアクセスするための複数のデータ LIF があります。

単純にするために、各 nblade と dblade の名前が nblade # と dblade # ( # は 1 、 2 、または 3 )になると仮定します。

クラスタ内の各ノードで Vserver が作成されている場合は、データをホストしているクラスタ内のノードから直接データにアクセスすると、パフォーマンスが向上する可能性が高くなります。 


例: Dblade 1 にデータが格納されている Vserver がある場合、 Nblade 1 を使用してデータにアクセスするとパフォーマンスが向上する可能性が高くなります。これは、自動ロケーションまたはノード参照の概念です。

 

概要レベルでは、次のように機能します。

  1. SVM の LIF は、クライアントからデータの CIFS 要求を受信します
  2. クラスタは、クライアントが接続しているルート共有を識別し、 CIFS 共有ルートのストレージを制御する Dblade を決定します
    • 要求が発生したノードに対して Dblade がローカルである場合は、データを正常に処理します
    • Dblade がローカルではなく、ターゲットの Dblade にローカルなデータ LIF が存在する場合は、クライアントにその LIF への参照を提供します
  3. 次に、クライアントは、紹介によって指定された LIF に接続し、 CIFS 処理を続行します。
    クラスタは、クライアントへの参照を提供するために、 Microsoft DFS を使用してクライアントに「自動ロケーション」情報を提供します。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support