メインコンテンツまでスキップ

ONTAP でオートロケーション(ノードリファーラル)のトラブルシューティングを行う方法

Views:
109
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
nas
Last Updated:

環境

  • CIFS / SMB
  • Data ONTAP 8.
  • ONTAP 9
  • オートロケーション(ノード参照) 

説明

オートロケーション(またはノードリファーラル)は、clustered Data ONTAP でCIFSデータをホストしているSVMへの接続をより最適化できるCIFSの機能です。既知の設定により、この機能は推奨されない場合、デフォルトで「off」に設定されます。これらの構成の詳細については、この資料の最後を参照してください。
3ノードクラスタの場合、クラスタには、(3)ブレードと(3)ブレードがあり、データにアクセスするためのデータLIFが複数含まれます。

簡単にするために、各nbladeとdbladeにはnblad#とdblad#という名前が付けられるとします(#には1、2、または3を付けます)。

クラスタ内の個々のノードにSVMが作成されている場合は、データをホストしているクラスタ内のノードから直接データにアクセスするとパフォーマンスが向上する可能性が高くなります。 


例:dblad1にデータが格納されているSVMがある場合、nblad1を使用してデータにアクセスすると、パフォーマンスが向上する可能性があります。オートロケーションまたはノードリファーラルの概念です。

 

概要レベルでは、次のように機能します。

  1. SVM用のLIFは、クライアントからデータのCIFS要求を受信します
  2. クラスタは、クライアントが接続しているルート共有を識別し、CIFS共有ルートのストレージを制御しているブレードを特定します
    • dbladeが要求が受信されたノードに対してローカルである場合、データは通常どおりに処理されます
    • dbladeがローカルではなく、ターゲットのdbladeに対してローカルなデータLIFがある場合は、そのLIFへのリファーラルをクライアントに提供します
  3. クライアントは、リファーラルによって指定されたLIFに接続し、そのCIFS処理を続行します。
    クライアントへのリファーラルを提供するために、クラスタではMicrosoft DFSを利用してクライアントに「オートロケーション」情報を提供しています。

 

Scan to view the article on your device