メインコンテンツまでスキップ

ONTAP 9 で NTFS セキュリティ形式のボリュームまたは qtree への NFS アクセスのトラブルシューティング方法

Views:
44
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
nfs
Last Updated:

環境

ONTAP 9

説明

次のドキュメントは、 NTFS セキュリティ形式のボリューム(または qtree )への NFS アクセスのトラブルシューティングのガイドとして使用することを目的としています。


作業を開始する前に、環境に関する基本的な構成情報を用意しておくことが重要です。これにより、アクセスプロセスに関連するすべての項目の構成を確認できます。

  • SVM名
  • ボリューム名
  • ボリュームへのアクセスに使用されている LIF の名前

この情報が判明したら、次の情報を収集します。次に例

::> vol show -vserver vs1 -volume voltest -fields policy,unix-permissions,junction-path,junction-parent,security-style,type
vserver volume  type policy  security-style unix-permissions junction-path junction-parent
------- ------- ---- ------- -------------- ---------------- ------------- ---------------
vs1     voltest RW   default ntfs           ---rwxr-xr-x     /voltest      vs1_root


を示します。コマンドをもう一度実行し、今回はジャンクションの親をボリュームとして指定します。
::> volume show -vserver vs1 -volume vs1_root -fields policy,unix-permissions,junction-path,junction-parent,security-style,type
vserver volume   type policy  security-style unix-permissions junction-path junction-parent
------- -------- ---- ------- -------------- ---------------- ------------- ---------------
vs1     vs1_ro   RW   default ntfs           ---rwxr-xr-x     /             -


::> export-policy rule show -vserver vs1 -policyname default -instance


アクセスするボリュームに対してインターフェイスが有効になっているノードを特定します。LIF の情報がわからない場合 -address は、オプションを使用してください。
::> net int show -address 10.61.92.47
次のコマンドでノード名を要求する場合は、 LIF が配置されているノードを使用する必要があります。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device