メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

ONTAP 9 で拒否されたクライアント権限のトラブルシューティング方法

Views:
23
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
nas
Last Updated:

に適用されます

  • ONTAP 9
  • clustered Data ONTAP 8

説明

この資料は、 clustered Data ONTAP に固有のものです。この資料に記載されており、 Data ONTAP 7-Mode を実行している場合は、「 How to Troubleshoot Microsoft Client Permission issues on a NetApp 7-Mode Storage System 」を参照してください。

次の表に、クライアント権限のトラブルシューティングに使用できるツールを示します。ONTAP には、クライアント権限のトラブルシューティングに使用できる機能が各種備わっており、クライアント権限の問題のトラブルシューティングに最も効果的なツールは sectrace です。

機能 サポートされる ONTAP のバージョン
sectrace ( vserver security trace ) 8.2+
NFS プロトコルのセクターレースのサポート 9.3+
ONTAP System Manager のセキュリティトレース 9.6+
Show-Effective 権限 9.2+
vserver security file-directory 8.2+
SecD 8.0+

 

クライアント権限のトラブルシューティングを行う前に、次の手順を実行します。
  1. Windows クライアントから、 vserver をホスト名で ping するか、 nslookup を使用して名前解決が成功したことを確認します。
  2. Windows クライアントで、 [ スタート ]>[ ファイル名を指定して実行
    ] の順に選択し、 SVM の「ルート」に接続します(共有名は指定しないでください)。例: \\Vserver_Name or \\Vserver_IPAddr

手順 1 のテストが失敗した場合は、次の手順を実行し

  • この問題は名前解決の問題である可能性があり、事前に解決しておく必要があります。

手順 2 でテストに失敗した場合:

  • この問題は認証の問題である可能性があるため、事前に解決する必要があります。

     

名前解決と認証が成功したことを確認したら、特定のバージョンの Data ONTAP で次の手順を実行します。

 

 

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support