メインコンテンツまでスキップ

ホストから Filer への接続が劣化した場合のトラブルシューティング方法

Views:
47
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-dsm-for-windows-mpio
Specialty:
san
Last Updated:

に適用されます

SAN プロトコル

説明

マルチパス( MPIO )ソフトウェアを使用すると、ホストは LUN への複数のパスを維持できます。LUN が存在するネットアップノードへのパスは「アクティブ / 最適化」と見なされ、ノードの HA パートナー経由のパスは「アクティブ / 非最適化」と見なされます。正確な用語は、ホストのオペレーティングシステムとマルチパスドライバによって異なります。一部のシナリオでは、 1 つ以上のパスにアクセスできないか、 I/O にアクセスできないことがあります使用できないパスによっては、ホストのパフォーマンスが低下することがあります。特に、他に「アクティブ / 最適化」されたパスが残っていない場合には、パフォーマンスが低下することがあります。 

パスの状態NetApp ストレージでの ALUA ( Asymmetric Logical Unit Access )のサポート: FAQ (よくある質問は、現在 ALUA を使用して LUN を所有しているノードによって決まります。テイクオーバーが発生すると、パートナーの LUN の所有権を引き継ぐノードを経由するパスが「アクティブ / 最適化」されます。

RedHat の「 multipath – ll 」出力でのパス障害の例: 

# multipath -ll
mpath0 (360a9800043346441464a44424c746e54)
[size=10 GB][features="1 queue_if_no_path"][hwhandler="0"]
_ round-robin 0 [prio=8][active]
_ 0:0:0:0 sda 8:0   [failed][faulty]
_ 1:0:0:0 sdi 8:128 [active][ready]
_ round-robin 0 [prio=2][enabled]
_ 0:0:1:0 sde 8:64  [active][ready]
_ 1:0:1:0 sdm 8:192 [active][ready]

RedHat '/var/log/messages の例

Jun 22 15:55:54 rhel1 multipathd: Lun1: sdcr - tur checker reports path is down
Jun 22 15:55:54 rhel1 multipathd: checker failed path 69:240 in map Lun1
Jun 22 15:55:54 rhel1 multipathd: Lun1: remaining active paths: 3
Jun 22 15:55:54 rhel1 kernel: device-mapper: multipath: Failing path 69:240.


: VMware 'VMkernel' の例

2017-11-30T07:17:41.351Z cpu15:33143)WARNING: NMP: nmp_DeviceRequestFastDeviceProbe: NMP device "sym.029025256531353837" state in doubt; requested fast path state update...
2017-11-30T07:17:41.351Z cpu15:33143)WARNING: ScsiPath: 4507: Path vmhba2:C0:T0:L55 is being removed
2017-11-30T07:17:41.351Z cpu15:33143)WARNING: ScsiPath: 6117: Remove path: vmhba2:C0:T0:L55


: Windows の「システムイベントログ」の例:

Information   10/31/2017 4:39:33 PM   mpio     46    None   Path 1000001 was removed from \Device\MPIODisk2 due to a PnP event. The dump data contains the current number of paths.
Information   10/31/2017 4:39:33 PM   ontapdsm   61070   None   Path ID 01000001 was removed.
Warning     10/31/2017 4:39:33 PM   ontapdsm   61054   None   Path ID 01000001 has failed and 02000101 will be used instead.
Error      10/31/2017 4:39:33 PM   ontapdsm   61142   None   Path ID 01000001 has failed.


:正確なログエントリは、オペレーティングシステムのバージョンとマルチパスの設定方法によって異なります。 

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support