メインコンテンツまでスキップ

クラスタのアップグレード後に、 NSLM 管理ワークロードを従来の QoS から AQoS にアップグレードする方法

Views:
17
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

に適用されます

  • ONTAP 9
  • ONTAP 9.1
  • ONTAP 9.2
  • ONTAP 9.3
  • ONTAP 9.4
  • ONTAP 9.5

説明

この資料では、クラスタのアップグレード後に、 NSLM 管理ワークロードを従来の QoS から AQoS にアップグレードする手順について説明します

NSLM ( NetApp Service Level Manager ) 1.2 GA では、一部の古い ONTAP バージョン( 9.1 以降)のサポートが拡張されています。NSLM では、すべてのワークロードに QoS ポリシーでサポートされるサービスレベルが割り当てられます。以前のバージョンの ONTAP の QoS ポリシーでの IOPS の割り当ては、ワークロードのストレージ容量に基づいてシックプロビジョニングされますが、それ以降のバージョンの ONTAP では、 IOPS の割り当てはシンプロビジョニングされます。

NSLM は、 ONTAP の QoS 機能を次のようにサポートします。

  • ファイル共有
    : ONTAP バージョン <9.3 - シックプロビジョニングされた QoS IOPS 制限( QoS
    ) ONTAP バージョン >=9.3 - シンプロビジョニングされた QoS IOPS 制限( AQoS )
     
  • LUN
    : ONTAP バージョン <9.4 - シックプロビジョニングされた QoS IOPS 制限( QoS
    ) ONTAP バージョン >=9.4 - シンプロビジョニングされた QoS IOPS 制限( AQoS )

NSLM がパフォーマンスサービスレベルをワークロードに割り当てるか、または再割り当てすると、前述のように、 ONTAP バージョンのクラスタに基づいて QoS または AQoS ポリシーが選択されます。シック IOPS 制限( QoS )のみをサポートするバージョンからシン IOPS 制限をサポートするバージョンに ONTAP クラスタをアップグレードする場合、 NSLM では、 IOPS をより効率的に割り当てる方法として、同じパフォーマンスサービスレベルであるがシンプロビジョニング IOPS ( AQoS )を持つワークロードを割り当てることを推奨します。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device