メインコンテンツまでスキップ

inode キャッシュ:ファイル処理は、 Load_Inode_No_WIPS では大量に中断されます

Views:
12
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:

のしんだ

に適用されます

  • ONTAP 9
  • NFS
  • SMB

問題

ファイル / ディレクトリベースの操作の全体的なパフォーマンスが非常に低く、次のような症状が発生する可能性があります。

  • パケットトレースから、多くの長い readdir/readdir+ 要求を識別できます。最悪の場合は、最大数十秒、または数百秒かかることがあります 

注意:同じことが、 SMB2 query_directory 要求または他の SMB バージョンの同等の要求にも当てはまります

  • getattr 、 lookup 、 access など、他のファイル操作タイプではレイテンシが高くなります 
  • NFS/SMB クライアントでタイムアウトが発生しました
  • さまざまなパフォーマンス監視ツールから非常に高いレイテンシが報告されます
  • wafl.readdir.expired EMS から次のエラーメッセージが表示された場合は、同様の問題が発生している可能性があります

[<node_name>: wafl_exemptxx: wafl.readdir.expired:error]: A READDIR file operation has expired for the directory associated with volume <volume_name>/@vserver:<vserver_uuid> Snapshot copy ID xx and inode <inode_number>.


 

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support