メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

非常にバースト性の高い SAN ワークロード向けの cpu_protocol によるレイテンシ

Views:
38
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:

に適用されます

ONTAP 9

問題

  • 非常にバースト性の高い SAN ワークロードに対して高いレイテンシが観察されました。遅延の内訳は、ネットワークおよびプロトコル処理の高遅延を示します。これは、次のようなさまざまな方法で確認できます。
    • perfstat :遅延時間 CPU_protocol
    • PerfArchive :遅延時間 Network
    • NetApp Harvest/Grafana などの他のパフォーマンス監視ツールでも、レイテンシの内訳は同様です。 
    • コマンドライン: qos statistics workload latency showqos statistics volume latency show またはのレイテンシがになっています Network

例:

1326586_01.png

  • など CPU_protocol/NetworkSSAN_Exの CPU ドメインの処理で CPU 競合が発生していない場合は、からのレイテンシが高くなります。 

例:sysstat -M 1(診断モード)

1326586_2.png

:全体的な CPU 競合がある場合 CPU_protocol/Network は、に遅延が生じることが予想されますが、ここでの説明は当てはまりません。 

  • 次の KB は、が存在するかどうかを検出するのに役立ちます 非常にバースト性の高いワークロード

「 sysstat 」コマンドを使用して一時的なワークロードのバーストを特定する方法

 

 

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support