メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

ロックマネージャをループさせると、 ONTAP 9 で NFS の停止やシステムパニックが発生する可能性があります

Views:
8
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
nfs
Last Updated:

に適用されます

  • ONTAP 9
  • NFS

説明

  • クライアントは NFSv4 マウントの失敗を参照します。 setclientid の操作は NFS 4 ERR_DELAY で失敗します。
  • 次のようなパニック文字列が表示されたシステムがパニック状態になります。 
    • Panic string: process on cpu19 hung (wafl_exempt12) for 5001 milliseconds!
  • ロックマネージャに不具合が導入されました。この機能は、 qtree 作成処理、 oplock 処理の無効化、アグリゲートの再配置、 sendhome 処理、ボリュームの移動、ノードのシャットダウン、 ONTAP のアップグレード時に実行できます。 
  • これには、修正が適用されている ONTAP バージョンへのアップグレードが含まれます。
  • ロックマネージャがロックリカバリループに入ると、次の処理が行われるまでリソースのシステムが停止します。
    • NFS サービスがクライアントまたはに応答しなくなります
    • システムパニック
  • これはバグ 1168841 で追跡されています

 

 

 

  • この記事は役に立ちましたか?