メインコンテンツまでスキップ

ONTAP 9.3 のアップグレード後、 NFS UDP トラフィックが断続的にドロップする

のしんだ

に適用されます

ONTAP 9.2 以降

問題

  • ほとんどの場合、 ONTAP を 9.2 以降にアップグレードしたあとに問題が発生します。 Filer は、パケットトレースで検出された場合でも、すべての ICMP ( ping )要求に応答しません。
  • これは、クラスタ上のすべてのインターフェイス、および e0M インターフェイスで発生します。
  • 異常な動作は、同じポート上の複数の LIF が異なる時間に応答しないことに関連している可能性があります。

     

  • この問題は、 UDP がトランスポート層として使用されている場合にも NFS データ転送に影響し、遅延が大きくなります。

      この症状は、次の簡単なテストで簡単に再現できます。

     状況 1# UDP でマウントされています

[root@centos-04 /]# mount -t nfs -o vers=3,proto=udp 10.128.242.45:/vol1_svm2  /mnt/vol1_svm2_ontap93
[root@centos-04 /]# cd  /mnt/vol1_svm2_ontap93
[root@centos-04 vol1_svm2_ontap93]# dd if=/dev/zero of=./test bs=4096 count=10000
10000 0 records in
10000 0 records out
40960000 bytes (41 MB) copied, 37.0209 s, 1.1 MB/s <<<

      状況 2# は TCP でマウントされています

[root@centos-04 vol1_svm2_ontap93]# cd /
[root@centos-04 /]# umount /mnt/vol1_svm2_ontap93
[root@centos-04 /]# mount -t nfs -o vers=3,proto=tcp 10.128.242.45:/vol1_svm2 /mnt/vol1_svm2_ontap93
[root@centos-04 /]# cd  /mnt/vol1_svm2_ontap93
[root@centos-04 vol1_svm2_ontap93]# dd if=/dev/zero of=./test bs=4096 count=10000
10000 0 records in
10000 0 records out
40960000 bytes (41 MB) copied, 0.240958 s, 170 MB/s <<<

  • この動作を確認cgstat -s' するには、「」コマンドを使用して、ノードのシステムシェルでレート制限値を確認します。

      値が 0 と異なっていて増加している場合は、これが原因である可能性があります。

::*> system node systemshell -node [node name]
node % cgstat -s | grep Ratelimit
Ratelimit UDP count:  0
Ratelimit other count:   0

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support