メインコンテンツまでスキップ

NetApp wins prestigious Coveo Relevance Pinnacle Award. Learn more!

INSIGHT Japan :2023年 1月25日(水)ANAインターコンチネンタルホテル開催 へ参加・申込を行う

NSE : NSE スペアドライブの交換時にドライブ認証を有効にする方法

Views:
93
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

のとう

のとう

環境

  • NetApp Storage Encryption(NSE)
  • ONTAP

説明

この資料では、手順で交換用自己暗号化ディスク( SED )のドライブ所有権を割り当て、交換用ドライブのキーを変更する方法について説明します。

  • NetApp Storage Encryption ( NSE )ドライブは、使用中のキー ID に関係なく常に暗号化されます。
  • NSEストレージシステムでハードドライブを交換 した場合、ストレージ管理者は、ドライブ上のデータを保護するために、有効なキーIDと認証パスフレーズを使用して新しいスペアドライブのキーを手動で変更する必要があります。
  • デフォルトでは、交換後の SED は 0x0 の MSID ( Mfg Secure ID )に設定され、ドライブはセキュアに保護またはロックされません。
  • ロックされていないドライブや keyID が 0x0 のドライブでは、データアクセスのキー ID やパスフレーズの認証は必要ありません。
  • 本番環境で使用する前に、スペアドライブのキーを現在のキー ID ( ONTAP 8.3 以降)に変更し、ドライブ( ONTAP 8.3 以降)をロックしてデータを保護することが非常に重要です。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device