メインコンテンツまでスキップ
NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) Identity Management
Effective December 3 - NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) identity management to simplify and provide secure access to NetApp resources. For accounts that did not pre-register (prior to Dec 3) access to your NetApp data may take up to 1 hour as your legacy NSS ID is synchronized to the new B2C identity. To learn more, Read the FAQ and Watch the video. Need assistance? Complete this form and select “Registration Issue” as the Feedback Category. 

ONTAP ディスクレイテンシ解決ガイド

Views:
60
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:

環境

ONTAP 9

説明

  • ONTAP でのディスク利用率が高い場合やアグリゲートレイテンシが発生した場合のトラブルシューティング
  • メモ: これは、 ONTAP 9 のパフォーマンスのトラブルシューティング方法に関する 2 番目の記事です 。 ONTAP 9 パフォーマンスのトラブルシューティングに関する主要な解決ガイドを参照してください
  • Active IQ Unified Manager またはを使用 qos statistics volume latency showすると、レイテンシがディスクまたはアグリゲート処理( Active IQ Unified Manager )に表示され、レイテンシがターゲットボリュームにアクティブに影響します。
  • AIQUM または ONTAP 9 によって報告されたパフォーマンス容量が、影響を受けるアグリゲートの重大しきい値を超えています。

 

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support