メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

CIFS アクセスベースの列挙を使用する場合のパフォーマンスへの影響

Views:
168
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
cifs
Last Updated:

のしんだ

に適用されます

  • ONTAP 9
  • clustered Data ONTAP 8
  • トラブルシューティング
  • 管理

問題

ABE に関連するパフォーマンスの問題が発生した場合、次の現象の一部またはすべてが発生することがあります。

  • ABE は 1 つ以上の CIFS 共有で有効になっています(この共有は必ず存在している必要があります)。
  • ABE が有効になっている CIFS 共有で非常に高いレイテンシが発生し、数百ミリ秒になる可能性があります
  • qos statistics volume latency show コマンドを確認すると、「 data 」列にレイテンシの大部分が表示されます
  • perfstat セクション「 QoS Workload Report 」を確認すると、ワークロードの cpu_wafl_exempt の待機時間が表示されます。これは数百ミリ秒になる可能性があります
  • 共有には多くのユーザがアクセスします
  • 共有のファイル数が多い(数百万のファイル)

 

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support