メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

ONTAP 9.0 での Snapshot の命名機能の拡張

Views:
31
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

ONTAP 9.0

回答

従来の Data ONTAP 7-Mode では、序数名または Create_Time 名のいずれかで Snapshot が作成されていました。

序数の命名では、スケジュールされた Snapshot 名は、スケジュールプレフィックスと序数でフォーマットされています。 0 は、最新の Snapshot が作成されたことを表します。
たとえば、使用された Snapshot スケジュールが夜間で序数の名前が使用されている場合、新しいスケジュール Snapshot の名前は「 nightly.0 」になります。

「 create_time 」という名前を付けると、スケジュールされた Snapshot 名は、スケジュールプレフィックスと作成時間でフォーマットされます。 
この場合、サフィックスY-m-d_HMは形式のタイムスタンプになります。

ユーザは schedsnapname volume 、オプションを使用していずれかの命名方式を選択できました。



次の例を参照してください。序数スナップショットの使用:

 7mode-filer> vol options vol1 schedsnapname ordinal
    7mode-filer> snap list vol1
    Volume vol1
    working...
     %/used     %/total  date      name
    ----------  ----------  ------------  --------
    27% (27%)   0% ( 0%)  Jun 23 08:00  hourly.0
    27% (27%)   0% ( 0%)  Jun 23 07:00  hourly.1
    47% (33%)   0% ( 0%)  Jun 23 00:00  nightly.0
    67% (33%)   1% ( 0%)  Jun 22 00:00  nightly.1
    72% (33%)   1% ( 0%)  Jun 19 20:00  weekly.0

 

create_time Snapshot を使用する場合:


    7mode-filer> vol options vol1 schedsnapname create_time
    7mode-filer> snap list vol1
    Volume vol1
    working...
     %/used     %/total  date      name
    ----------  ----------  ------------  --------
    27% (27%)   0% ( 0%)  Jun 23 12:00  hourly.2016-06-23_1200
    27% (27%)   0% ( 0%)  Jun 23 07:00  hourly.2016-06-23_0700
    47% (33%)   0% ( 0%)  Jun 23 00:00  nightly.2016-06-23_0000
    67% (33%)   1% ( 0%)  Jun 22 00:00  nightly.2016-06-22_0000
    72% (33%)   1% ( 0%)  Jun 19 00:00  weekly.2016-06-19_0000

 

clustered Data ONTAP が導入されたとき、様々な理由から、デフォルトの命名規則として「 create_time 」が採用され、唯一のオプションが採用されました。 
Snapshot の名前を変更しようとすると、次のようなエラーメッセージが表示されます。


cluster::> vol modify -volume vol1 -sched-snap-name ordinal -vserver vsm1
  (volume modify)

Error: command failed: Option sched-snap-name is not supported on a cluster mode volume.

cluster::>

ONTAP 9 の変更点

: clustered Data ONTAP で Snapshot の序数名スキームを削除すると、序数命名スキームに依存するアプリケーションで問題が発生し、 RFE 82393 が報告されました。 
ONTAP 9.0sched-snap-name では、このオプションvol modifyが再び導入され、コマンドを使用して有効にすることができます。 

さらに、クラスタモードボリュームの Snapshot 命名変更は、クラスタ M ホストレベルでのみ適用され、ノードシェル D ブレードレベルでは適用されません。 
sched-snap-nameそのため、クラスタレベルでを序数に変更したあとも、ノードシェル( D-Blade )にはデフォルトの「 Create_Time 」が表示されます。これは正常な動作です。

cluster::> vol modify vol1 -sched-snap-name ordinal
Volume modify successful on volume vol1 of Vserver nfssvm.

cluster::>
cluster::> run -node jsiva-90-01 vol options vol1
nosnap=off, nosnapdir=off, minra=off, no_atime_update=off, nvfail=off,
ignore_inconsistent=off, snapmirrored=off, create_ucode=on,
convert_ucode=on, maxdirsize=83804, schedsnapname=create_time,
fs_size_fixed=off, guarantee=volume, svo_enable=off, svo_checksum=off,
svo_allow_rman=off, svo_reject_errors=off, no_i2p=off,
fractional_reserve=100, extent=off, try_first=volume_grow,
read_realloc=off, snapshot_clone_dependency=off, dlog_hole_reserve=off,
space_slo=none

cluster::> 

また、この変更によって、古い動作が戻されることはなく、最新の Snapshot の名前だけが戻されます。 
つまり、序数の命名が有効になっている場合、最新の Snapshot は常に「 <prefix>.0 」になります。 <prefix> は、 Snapshot ポリシーのプレフィックスです(例:) 5 分、毎時、毎週など)。 
スナップショットポリシーで別のスナップショット(新しい最新のスナップショット)を作成する必要がある場合、最新のスナップショットの名前は、 Create_Time 形式のスナップショットに変更されます。

たとえば、序数命名を有効にした時間単位の Snapshot ポリシーを使用します。

スケジュールされた Snapshot 作成時刻 Snapshot リスト 作成時のタイムスタンプ
8:00AM 時間単位。 0 2016-06-23_0800

9:00AM

毎時: 2016-06-23_0800
毎時: 0
2016-06-23_08002016-06-23_0900

10:00AM

毎時: 2016-06-23_0800
毎時: 2016-06-23_0900
毎時: 0
2016-06-23_ 08002016-06-23_
09002016-06-23_1000

11:00AM

毎時: 2016-06-23_0800
毎時: 2016-06-23_0900
毎時: 2016-06-23_1000
毎時: 0
2016-06-23_ 08002016-06-23_
09002016-06-23_10002016-06-23_1100

 

例:

デフォルトの動作:

  1. 現在の Snapshot 命名方式を確認します。

cluster::> vol show vol1 -fields sched-snap-name
vserver volume sched-snap-name
------- ------ ---------------
nfssvm  vol1   create_time

cluster::>

  1. snap list の出力では、「 create_time 」という命名方式で Snapshot が表示されます。

cluster::> snap list vol1
                                 ---Blocks---
Vserver  Volume   Snapshot                  Size Total% Used%
-------- -------- ------------------------------------- -------- ------ -----
nfssvm   vol1
          hourly.2016-06-23_1309           64KB    0%   13%
          5min.2016-06-23_1310            60KB    0%   13%
2 entries were displayed.

cluster::>

  1. Snapshot の命名規則を序数に変更します。

cluster::> vol modify vol1 -sched-snap-name ordinal
Volume modify successful on volume vol1 of Vserver nfssvm.

cluster::>

  1. 指定したボリュームに変更が適用されていることを確認します。

cluster::> vol show vol1 -fields sched-snap-name
vserver volume sched-snap-name
------- ------ ---------------
nfssvm  vol1   ordinal

cluster::>

  1. 最新の Snapshot で序数命名方式が使用されることを確認します。

cluster::> snap list vol1
                                 ---Blocks---
Vserver  Volume   Snapshot                  Size Total% Used%
-------- -------- ------------------------------------- -------- ------ -----
nfssvm   vol1
          hourly.2016-06-23_1309           64KB    0%   13%
          5min.2016-06-23_1310            64KB    0%   13%
          5min.0                   60KB    0%   12%
3 entries were displayed.

cluster::>

  1. 次の Snapshot 作成が Snapshot ポリシーごとに発生すると、この新しい 5 分 0 の名前が「 Create_Time 」スキームに変更され、最新の新しい Snapshot の名前には序数が使用されます。


cluster::> snap list vol1

                                  ---Blocks---

Vserver  Volume   Snapshot                  Size Total% Used%
-------- -------- ------------------------------------- -------- ------ -----
nfssvm   vol1
          hourly.2016-06-23_1309           64KB    0%   12%
          5min.2016-06-23_1310            64KB    0%   12%
          5min.2016-06-23_1315            64KB    0%   12%
          5min.0                   60KB    0%   12%
4 entries were displayed.

cluster::>

追加情報

ここにテキストを追加します。