メインコンテンツまでスキップ

SVM DRの逆再同期で作成されたSnapshotは自動的には削除されません

Views:
87
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
dp
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • SVM ディザスタリカバリ( SVM DR ) 

問題

  • 逆再同期は逆再同期とも呼ばれ、snapmirror resync処理を使用して元のSnapMirror関係を再確立し、 元のソースSVMを再アクティブ化します
  • 逆再同期処理を実行すると、現在データを提供しているSVM(DR SVM)にSnapshotが作成されます。
  • 元の関係が再確立されたあとは、逆再同期によって作成されたSnapshotはsnapmirror updateで削除されません

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device