メインコンテンツまでスキップ
We are redesigning the NetApp Knowledge Base site to make it easier to use and navigate. The new and improved site will be available the first week of October. Check out our video or read this KB article to know more about changes you’ll see on the site.

スペース使用

Views:
119
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

  • Data ONTAP
  • Storage Efficiency

回答

この記事には、スペースの使用状況に関する最も一般的な質問のリストが掲載されています。この記事を使用して、検索対象をより一般的な質問や問題に絞り込むことができます。ただし、これは包括的なリストではありません。

概要

スペースの使用状況は、物理ディスクレイヤから論理ファイルシステムまで、ディスク上のアグリゲートの割り当て、ファイルと LUN が存在するアグリゲート上のボリュームの作成から始まります。

アグリゲート内のスペースはどのように割り当てられていますか。

  • WAFL リザーブ WAFL は、アグリゲートレベルのメタデータとパフォーマンスのために合計ディスクスペースの 10% を予約します。アグリゲート内のボリュームを維持するために使用されるスペースは、 WAFL リザーブから除外され、変更できません。
  • システム内の各ボリュームの Snapshot 用にリザーブされているディスクスペースの Snapshot リザーブの割合。リザーブスペースは Snapshot でのみ使用でき、アクティブなファイルシステムでは使用できません。

aggr_space_diagram.jpg

一般的な問題:

具体的な障害の症状は、 Data ONTAP の構成とバージョンによって異なります。

  1. アグリゲートがほぼいっぱいで、追加のスペースが必要です。

解決:

アグリゲートの使用可能スペースを増やすには、次のオプションを使用します。

  • アグリゲートにディスクを追加する。
  • 使用可能なスペースがある別のアグリゲートに一部のボリュームを移動する。
  • アグリゲート内のボリューム ギャランティが設定されたボリュームのサイズを縮小する。
  • これは、手動で行うことも、オートサイズ機能のautoshrinkオプションを使用することもできます。
  • 大量のスペースを使用しているボリューム(大容量のリザーブ ファイルがあるvolumeギャランティ タイプのボリューム)のギャランティ タイプをnoneに変更して、アグリゲート内でそのボリュームが占めるスペースを少なくする。
  • ギャランティ タイプがnoneのボリュームは、ギャランティ タイプがvolumeのボリュームに比べてアグリゲートの占有量が少なくなります。
  • 不要なボリュームSnapshotコピーを削除する(ボリュームのギャランティ タイプがnoneの場合)。
  • 不要なボリュームを削除する。
  • 重複排除や圧縮などのスペース削減機能を有効にする。
  • (一時的に)大量のメタデータを使用する機能を無効にします。
  1. 私のスペースはどこに行ったのですか?予想される容量が表示されません。

解決:

  • ディスクのサイズが適切であることをご存知ですか?
    新しいディスクを追加すると、 Data ONTAP は、ユーザデータに使用できるディスクのスペース量を丸めることで削減します。これにより、さまざまなメーカーのディスク間の互換性が維持されます。nodeshell の 'sysconfig-r' 出力などの情報コマンドで表示される使用可能なディスクスペースは、各ディスクの定格容量よりも少なくなりますが、これは正常な動作です。ディスク上[1]の使用可能なディスクスペースは、次のように端数が切り捨てられます。
  • システムで使用可能なスペアはいくつですか。スペアディスクは、使用可能な合計スペースでは計算されません。
sysconfig –rコマンドを実行して数を確認します。
  • WAFL のオーバーヘッドに指定された使用可能スペースの合計が 10% 削減されていることをご存知ですか。
  • システムは「フラッシュプール」として設定されていますか。
    この機能は、 Data ONTAP 8.1.1 で初めて使用できます。アグリゲートが「 Flash Pool 」として設定されている場合は、 aggr options で hybrid_enabled オプションが on に設定されています。また、 aggr status には、 hybrid_enabled フラグが表示されます。

    アグリゲートaggr status -r sysconfig -rがハイブリッド対応の場合、またはで特定されたディスクの SSD RAID グループによって、アグリゲートで使用可能なスペースが増加することはありません。これらのディスクはキャッシュ専用です。

追加情報

ここにテキストを追加します。