メインコンテンツまでスキップ

System Service - 間違ったサーバに DNS 要求を送信しているプロセッサ

Views:
8
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

に適用されます

  • ONTAP 9.x
  • サービスプロセッサ( SP )
  • ドメインネームサービス( DNS )

問題

Data ONTAP には、ノードが停止した場合にシステムが AutoSupport ログやコアダンプを送信できるように、 SP に動作する asupd のインスタンスがあります。これは、 SP で名前解決が設定される理由です。ただし、 SP で DNS 情報が手動で設定されていない場合、 ONTAP から伝播されます。DNS サーバのエントリを削除 /etc/resolv.conf したあとなど、まれに古い IP の古いエントリが残って、 SP が誤った IP をプローブする可能性があります。/etc/resolv.conf ONTAP 9 で SP インターフェイスにログイン sp status -dし、を実行しての内容を確認します。

出力例:
 
cat /etc/resolv.conf
====================
# sp-auto-generated by rlm_conf.sh invoked by configd
search test.netapp.com eng.netapp.com test.netapp.com netapp.com
nameserver 10.61.80.123
nameserver 10.61.80.122

 

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support