メインコンテンツまでスキップ

に対するアクセス拒否のトラブルシューティングまたは NFS クライアントからのハングアップのマウント clustered Data ONTAP

Views:
248
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
nfs
Last Updated:

のとう

のとう

環境

ONTAP 9

説明

本書では、 NFS マウントのハングまたはアクセス拒否応答の原因を特定するための一連のトラブルシューティング手順について説明します。 

後で確認するために、すべてのコマンドライン入力と結果のコンソール出力をテキストファイルに記録することをお勧めします。テクニカルサポートケースにこの情報を指定すると、解決までの時間を大幅に短縮できます。

このマニュアルでは、診断および高度な権限レベルを持つコマンドを使用します。これらのコマンドを実行する場合は、十分に注意してすべてのコマンドを実行してください。入力に誤りがあると、予期しない結果

アクセス拒否またはハングの一般的な原因

アクセスが拒否されたり、再試行が継続的に行われたり、ハングしているように見える NFS マウントには、多くの原因が考えられます。次のリストに、観察された最も一般的な原因を示します。次のセクションでは、問題の原因をすばやく特定して修正できるようにするトラブルシューティング戦略について説明します。

  • クライアントの IP またはホスト名にエクスポートルールが存在しません
  • ネットグループまたは DNS エントリを含むネームサービスをプロビジョニングする前にマウントを試みると、アクセスキャッシュに負のエントリが作成されます
  • クライアント IP の名前に対する DNS 解決が、エクスポートルールで指定されたネットグループまたはホスト名と一致しません
  • DNS 検索ドメインがないか、正しくありません
  • DNS 、 NIS 、または LDAP サーバのタイムアウト
  • DNS PTR レコードがありません
  • エクスポートルールで指定されたホスト名は完全修飾ではなく、ドット( . )で終わります。ルート名とも呼ばれます
  • ネットワーク接続が原因で、 DNS 、 NIS 、または LDAP サーバに到達できません。ファイアウォールポリシーまたはルート設定です
  • netgroup.byhost NIS または LDAP にマップがない
  • DNS で解決されないホスト名を持つネットグループ
  • ネットグループのホスト名の大文字と小文字の区別。ローカルファイルと、 NIS や LDAP などの一部のリモートサービスで使用します
  • NFSv4 マウントまたは NFSv3 auth=null では、パスに NTFS ボリュームがある場合にのみユーザーマッピングが必要です
Scan to view the article on your device