メインコンテンツまでスキップ

ワークフローのトラブルシューティング: ONTAP 9 でノードがクラムクォーラムのメンバーではありません

Views:
1,797
Visibility:
Public
Votes:
4
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

のしんだ

環境

  • ONTAP 9
  • ノードが「クラムクォーラム」から外れている
  • AutoSupport :クラスタクォーラムのメンバーでないノード( S )

問題

  • Connectivity 、 liveness 、 Availability Monitor ( CLAM )は、クラスタ内の各ノードが他のノードの可用性を監視するために使用する関数です。
  • クラスタネットワークで通信障害が検出された場合、またはノードが停止した場合、分離ノードの HA テイクオーバーが開始され、障害の発生したノードデータのサービスが維持されます。
  • クラスタ内NODE(S) OUT OF CLUSTER QUORUMの各ノードは、障害の原因を特定するために必要な診断データを含む理由を含む AutoSupport を生成して送信します。
CLAM の可用性に対する変更を記録します
  • すべてのシステムで CLAM テイクオーバーがデフォルトに設定されています ( SAN または NAS )。 ONTAP 9.8 以降で使用
  • これまでは、 SAN システムでのみデフォルトでした
  • 9.6P11 、 9.7P8 、 9.8 以降の advanced 権限で、クラムシェルのテイクオーバーを設定できます
  • 詳細については 'SU436: clam takeover default configuration changed を参照してください

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device