メインコンテンツまでスキップ

ONTAP 9.0では、FlexArray 仮想化環境でのバックエンドの停止を確実に処理するために調整可能なパラメータを使用できます

Views:
22
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
v-series-flexarray
Specialty:
san
Last Updated:

環境

SAN

説明

ONTAP 9.0以降FlexArray では、耐障害性の機能が拡張され、バックエンドパスの障害(リンクやスイッチの障害など)が原因のシステム停止に確実に対処できるようになりました。
耐障害性の機能拡張は次のとおりです。

  • パス障害が発生した場合でも、一貫したI/Oフェイルオーバータイミングを維持
  • すべてのパスで障害が発生した場合、指定した期間I/Oを一時的に停止します
  • パス障害が断続的に発生する場合、パスを自動的に休止することができます

 

 

 

 

Scan to view the article on your device