メインコンテンツまでスキップ

Data ONTAP の一般的なパフォーマンス用語を教えてください。

すべてのとおり  

に適用されます

Data ONTAP 8.x の場合

ONTAP 9.x

 

回答

  • Throughput :通信チャネルを介して送信されるデータのレート。多くの場合、帯域幅とのインター変更や混乱が発生します
    • ユニット数
      • Ops / 秒
      • バイト / 秒
      • MB/秒
      • GB/ 秒
  • 帯域幅:通信チャネルを介して送信できるデータの最大レート。多くの場合、データが相互に交換されたり、スループットと混同されたりします
    • ユニット数
      • バイト / 秒
      • MB/秒
      • GB/ 秒
  • レイテンシ - 入力またはコマンドが発行され、応答が受信されてからの合計時間
    • ユニット数
      • 秒(秒)
      • ミリ秒(ミリ秒)
      • マイクロ秒(米国)
  • 使用率:特定のリソースが使用されたサンプル期間の時間を測定します。使用率はパフォーマンスの有用なメトリックですが、 Data ONTAP の場合はプライマリメトリックではありません
    • ユニット数
      • %
  • ボトルネック:パフォーマンスに影響を与えるコンピューティングシステムの輻輳ポイントであり、環境内に複数のボトルネックが存在する可能性があります
    • ネットアップのテクニカルサポートは、全体的なレイテンシを最優先して、ボトルネックに対処しようと考えています
  • 同時実行性:コンピューティングシステムにおけるワークロードの並列化の測定
    • ワークロードに並列処理が多くなると、任意の時点で「処理中」の同時処理数が増加します
    • これにより、システムの処理効率が向上し、同時実行ワークロードが低い場合と同じレイテンシであっても、短時間でより多くの処理を完了できます
  • Randomness :順序やパターンを指定せずに、予測されない順序で実行されるワークロードを指します
  • 連続性:事前に定義された順序どおりに実行されるワークロードを指します。検出できるパターンには、順方向、逆方向、スキップ回数などがあります

sequential_vs_random

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support