メインコンテンツまでスキップ
We are redesigning the NetApp Knowledge Base site to make it easier to use and navigate. The new and improved site will be available the first week of October. Check out our video or read this KB article to know more about changes you’ll see on the site.

Data ONTAP 8.2 および 8.3 のライセンスの概要と参考資料

Views:
244
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

clustered Data ONTAP 8.2 

回答

この記事では、 Data ONTAP 8.2 および 8.3 のライセンスの概要を説明し、その他の詳細な参照資料へのリンクを示します。この資料では、次のトピックについて説明します。

  • Data ONTAP 8.2 および 8.3 のライセンス適用モデル
  • Data ONTAP 8.2 および 8.3 のライセンスキー
  • 新しいライセンスキーが必要な状況
  • 参考資料 

Data ONTAP 8.2 および 8.3 のライセンス適用モデル

Data ONTAP 自体を有効にするためにライセンスキーは必要ありませんが、付加価値機能(プロトコル、 SnapMirror など)を有効にするにはライセンスキーが必要です。すべてのライセンス資格は、コントローラごと、コントローラの寿命の間、および元の「古いものからのもの」のお客様に販売されます。HA ペアと clustered ONTAP の実装では、すべてのコントローラで均一なソフトウェアエンタイトルメントが必要です(つまり、ペアまたはクラスタで有効になっている機能を使用するには、各コントローラに権限が必要です)。

Data ONTAP 8.2 と 8.3 の両方の 7-Mode と clustered Data ONTAP 8.2 と 8.3 で同じライセンスキーが使用されます。  

クラスタを作成するにはクラスタベースキーが必要ですが、クラスタ内にコントローラ固有のライセンスキーをインストールすると、付加価値機能が有効になります。クラスタ全体で機能を有効にするには、 1 つのライセンスキーしか必要ありません。ただし、潜在的な問題( ONTAP ライセンス条項に準拠していないように見える場合など)を回避するために、クラスタ内のすべてのノードにすべてのライセンスキーをインストールすることを推奨します。また、ネットアップのライセンスポリシーでは、クラスタ内のすべてのノードに、クラスタ内で有効になっているすべての機能を適用する必要があることにも注意してください。これを「均一なソフトウェア使用権」と呼びます。

Data ONTAP 8.2 および 8.3 のライセンスキー

Data ONTAP 8.2 および 8.3 のライセンスキーは、購入したコントローラのシリアル番号にノードロックされ、そのコントローラでのみ機能します。  Data ONTAP 8.2 および 8.3 のライセンスキーの長さは 28 文字で、 Data ONTAP 8.1 のライセンスキーよりも短いライセンスキーと比較すると、容易に認識されます。

:ノードロックライセンスキーは、状況によっては新しいライセンスキーが必要になることがあります。「新しいライセンスキーが必要な状況」セクションを参照してください。
ハードウェア交換のシナリオ(コントローラまたはマザーボードの交換)に新しいライセンスキーが必要な場合[1]は、 CSS にお問い合わせください。

Data ONTAP 8.2 および 8.3 の評価(「 eval 」)ライセンスキーには、明示的な有効期限があります。評価キーは通常 90 日間発行されます。評価キーの有効期限が切れた後にソフトウェア評価を拡張するには、新しい評価キーを取得してインストールします。NetApp の担当者と協力して、 EVAL ライセンスキーを取得します。

新しいライセンスキーが必要になる場合があります

Data ONTAP のバージョンやモードによってライセンスキーの形式が変更されているため、新しいライセンスキーが必要になる場合があります。ネットアップでは、ライセンスキーの生成を可能な限り速やかにセルフサービスに行うように取り組んでいますが、現在のポリシーでは、最初に購入したバージョン以外の Data ONTAP バージョンに新しいライセンスキーを提供するために有効なサポートケースが必要です。

次の 3 つの点に注意してください

  1. Data ONTAP をクリーンインストールするには、 Data ONTAP のバージョンとモードに対応するバージョンに適したライセンスキーが必要です
  2. Data ONTAP 8.1 から Data ONTAP 8.2 または 8.3 へのアップグレードには、ポイント 1 が適用される場合を除き、新しいライセンスキーは必要ありません。
  3. コントローラのシリアル番号の変更が検出された場合は、 Data ONTAP 8.2 および 8.3 のノードロックライセンスキーを変更する必要があります。

フェイルオーバーが発生した Data ONTAP 8.2 および 8.3 7-Mode の HA ペアでは、障害が発生したコントローラでライセンスされているすべての機能について、交換用コントローラ(インストールされている場合)で 90 日間の猶予期間が自動的に有効になります。新しいライセンスキーを取得するには、サポートサービスを使用してソフトウェアエンタイトルメントを(古いコントローラから新しいコントローラに)転送する必要があります。新しいライセンスキーは、 90 日の猶予期間が終了する前にインストールする必要があります。 

特定のシナリオで新しいライセンスキーが必要かどうかを確認するには、「 KB : Data ONTAP のライセンスキーを交換するタイミング」を参照してください。

 

 

追加情報

関連リンク:

  • NetApp University コース: Data ONTAP 8.2 ライセンスの新機能
  • NetApp University コース: ONTAP ライセンスキーの交換シナリオ
  • NetApp University コース: Data ONTAP 8.2 のライセンスの技術概要 

 

 

  • この記事は役に立ちましたか?