メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

個々のユーザセッションで収集される CIFS 統計は何ですか。

Views:
108
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

に適用されます

Data ONTAP 7-Mode

回答

ストレージシステムまたはコントローラで Data ONTAP 8.x for CIFS が実行されている場合。管理者は、 OPS 、読み取り、書き込み、 IOS 、不審な統計情報を収集できます。cifs.per_client_stats.enableオプションを指定しonたストレージシステムは、クライアントごとに統計情報を収集します。cifs top-u -hこれにより、 vFiler の CIFS stat のコマンドとオプションを使用できるようになります。

注:管理者は、クライアントごとの統計情報を収集する際にオーバーヘッドが発生することに注意する必要があります。

オーバーヘッドは、ストレージシステムのパフォーマンスに著しく影響する可能性があります。オプションをオフにすると、既存のクライアント単位の統計情報はすべて破棄されます。

cifs.per_client_stats.enable このオプションはoff デフォルトでオンになっています。

デフォルトは off です

有効: CIFS クライアントの再接続時

永続性:システムのリブート後も有効です

使用方法: :
         cifs top [-n <maxclients>] [-v] [-s <sort>] [-a <avg>]
               <sort> is {ops|reads|writes|ios|suspicious}.
               <avg> is {smooth|now|total}.
                Above two can be abbreviated and default to first choice.

使用状況
         cifs stat [-v[v]] [-h <ip-or-host>] [-u <user>] [ <interval> ]
         cifs stat [-z]
         cifs stat [-c]
               -v, -h and -u only available when the options "cifs.per_client_stats.enable" is on.
               -h option only available in vfiler context.
               -u option only available in vfiler context.

user1-2> cifs top
 ops/s  reads(n, KB/s) writes(n, KB/s) suspect/s   IP              Name
     0 |      0        0 |   0    0 |      0 |    10.63.97.34      NETAPPuser1



 

 

Scan to view the article on your device