メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

2 つのノードクラスタの ONTAP クォーラムに関する考慮事項は何ですか。

Views:
19
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

  • clustered Data ONTAP 8
  • ONTAP 9

回答

2 ノードクラスタでは、ノードがデータを処理できるかどうかを確認するデフォルトの決定は、そのパートナーがインターコネクト経由で使用可能かどうかを確認するか、テイクオーバーするかを確認することです。パートナーがインターコネクトを介して応答しない場合、またはテイクオーバーしない場合、ノードはオンラインであってもデータの提供を停止します。この決定は、「クラスタ HA 」と呼ばれ、デフォルトでサポートされている設定です。

このオプションは無効にすることができます。この場合、ノードはクォーラム投票を使用してクラスタ内のノードのステータスを判断し、スプリットブレインを回避します。クラスタ HA が無効になっている場合、パートナーがテイクオーバーしたかどうかに関係なく、ノードはパートナーと通信できないときにデータの提供を停止します。ノードにイプシロンがある場合に限り、パートナーがクラスタネットワーク経由で使用できない場合やテイクオーバーされた場合にも、ノードはデータを提供します。

クラスタ HA を有効にした場合、イプシロンの概念はありません。パートナーとの通信に問題がある場合、パートナーのテイクオーバーのみが正常なノードへのアクセスを保証します。

次に例を示します。

  • クラスタには 2 つのノードがあり、どちらもパートナーと通信できます。クラスタ HA は有効で、ストレージフェイルオーバーもあります。
    両方のノードがデータを正常に処理している必要があります。
  • クラスタ HA がクラスタで有効になっている場合、パニックの結果、ノード 2 がテイクオーバーされます。
  • クラスタ HA がクラスタで無効になっている場合、ノード 2 はメンテナンスの結果引き継がれます。ノードにイプシロンがありません。
  • クラスタ HA が有効になっています。ノード 2 は、を使用してメンテナンスするためにシャットダウンされました halt-inhibit-takeover true
  • クラスタ HA がディセーブルになり、ノード 2 がイプシロンになり、ノード 1 がテイクオーバーします。
  • クラスタ HA がディセーブルで、ノード 1 がイプシロンで、ノード 1 がテイクオーバーされています。
  • クラスタ HA がディセーブル、ノード 1 はイプシロン、ノード 2 はテイクオーバーなしで停止します。

ノード 1 がデータを提供するケースは、次のうちどれですか。
ノード 2 のデータも使用できるのは、上記のどの場合ですか。

次の例は、相互接続が切断された 2 ノードクラスタを示しています。マザーボードを取り付け直す必要があり、テイクオーバーを実行できません。
clustered Data ONTAP 8.2 でストレージアグリゲートの再配置を実行すると、テイクオーバーするノードから 2 ノードクラスタのパートナーノードにすべてのデータを移動できます。

::> storage aggregate relocation start -node node0 -destination node1 -aggregate-list aggr1, aggr2

または、ボリューム移動を使用してデータを再配置します。 

::> volume move start -vserver vs0 -volume volume_test -destination-aggregate dest_aggr -perform-validation-only true

すべてのデータを移動したら、クラスタ HA を false に設定する必要があります。次のコマンドを実行して、このデータが true に設定されていることを確認できます。

::> cluster ha show
High Availability Configured: true

HA を false に変更するには、次のコマンドを実行します。

cluster::> cluster ha modify -configured false

クラスタ HA をディセーブルにしたら、次のコマンドを実行して、存続するノードでイプシロンを true に設定します。

::> set -privilege diagnostic

::*> cluster show
Node           Health Eligibility   Epsilon
-------------------- ------- ------------ ------------
node0          true   true      false
node1          true   true      false

::*> cluster modify -node node1 -epsilon true

::*> cluster show
Node           Health Eligibility   Epsilon
-------------------- ------- ------------ ------------
node0          true   true      false
node1          true   true      true

ノード 1 にイプシロンを設定した状態で、ノード 0 を停止し、マザーボードを取り付け直します。

追加情報

ここにテキストを追加します。