メインコンテンツまでスキップ
We are redesigning the NetApp Knowledge Base site to make it easier to use and navigate. The new and improved site will be available the first week of October. Check out our video or read this KB article to know more about changes you’ll see on the site.

10G イーサネットのフロー制御のベストプラクティスは何ですか。

Views:
294
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
network
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

Data ONTAP

回答

ベストプラクティス:

フロー制御のベストプラクティスに従って、ポーズフレーム、 Xon/Xoff フレーム、またはパケットが再キューイングされます(を参照) ifstat -av.

- interface  e1a  (0 hours, 0 minutes, 40 seconds) --

RECEIVE

 Frames/second:    1568  | Bytes/second:    27607k | Errors/minute:       0

 Discards/minute:     0  | Total frames:      248k | Total bytes:      4222m

 Total errors:        0  | Total discards:      0  | Multi/broadcast:     2

 No buffers:          0  | Non-primary u/c:     0  | LRO segments:      172k

 LRO bytes:        3929m | L2 terminate:        0  | Tag drop:            0

 Vlan tag drop:       0  | Vlan untag drop:     0  | Vlan forwards:       0

 Vlan broadcasts:     0  | Vlan unicasts:       0  | CRC errors:          0

 Runt frames:         0  | Fragment:            0  | Long frames:         0

 Jabber:              0  | Bus overruns:        0  | Queue drop:          0

 Xon:                 25  | Xoff:                25  | Jumbo:           68353

 No buf hi:           0

TRANSMIT

 Frames/second:    1055  | Bytes/second:      154k | Errors/minute:      0

 Discards/minute:     0  | Total frames:      166k | Total bytes:     44356k

 Total errors:        0  | Total discards:      0  | Multi/broadcast:     2

 Queue overflows:     0  | No buffers:          0  | Frames queued:       0

 Buffer coalesces:  854  | MTUs too big:        0  | TSO segments:        0

 TSO bytes:           0  | TSO6 segments:       0  | TSO6 bytes:          0

 LTM fastp calls:   166k | LTM busy calls:      0  | LTM update calls:  160

 LTM yield calls:     0  | LTM drain rss:       0  | LTM total calls:   166k

 Xon:                 0  | Xoff:                0  | Jumbo:            3765

 TSO non-TCP drop:    0  | Split hdr drop:      0  | Pktlen:              0

 Timeout:             0  | Timeout1:            0

LINK_INFO

 Current state:      up | Up to downs:         6  | Speed:           10000m

 Duplex:            full | Flowcontrol:       full

RSS

 Itable updates:      0  | Hash errors:         0

Queue 0

 Tx frames:       11780  | Tx bytes:        22306k | Rx frames:          59

 Rx bytes:          103k | Requeued:            0  | Hi pri intr:     10735

Queue 1

 Tx frames:        1073  | Tx bytes:          143k | Rx frames:        4484

 Rx bytes:        33895k | Requeued:         3165  | Hi pri intr:      4160

Queue 2

 Tx frames:         306  | Tx bytes:        33404  | Rx frames:        3469

 Rx bytes:         3539k | Requeued:         3007  | Hi pri intr:      3831

Queue 3

 Tx frames:         153k | Tx bytes:        21872k | Rx frames:         240k

 Rx bytes:         4184m | Requeued:         801  | Hi pri intr:       143k

7-Mode フロー制御の推奨事項: :

10G イーサネットを使用するインターフェイス上のストレージコントローラでは、フロー制御インターフェイスオプションが無効になっていることを確認します(ホストは、必要に応じて送受信を使用してホスト側でフロー制御を有効にするなど、独自のベストプラクティスに従う場合がありますが、これはこの資料の範囲外です)。
 

定義されたマルチキャスト MAC アドレス: 01-80-C2-0-0-01 は、ポーズフレームの長さを含むポーズフレームを送信します。

これは物理リンク層で機能します。上位レベルのプロトコルは考慮されません。これは、ルータホップ間に人工的な遅延を誘導することで TCP の全体的なパフォーマンスに影響を与える可能性があります。また、パケットのドロップによるウィンドウサイズの縮小の影響もあります。大規模なネットワークでは、輻輳ツリーが形成される可能性があります。これにより、ネットワーク上の接続されているすべてのデバイスの全体的なネットワークスループットが大幅に制限される可能性があります。 

クラスタ内ポート、データスイッチ、データポートなど、ネットワーク全体のフロー制御を有効にすることは推奨されません。 

下位互換性のために、送信フロー制御と受信フロー制御の両方でフロー制御の設定がデフォルトでオンに設定されています。 

送受信フロー制御を無効ifconfig/etc/rcにするように設定するには、コマンドから設定し、永続的にするファイルに保存する必要があります。

例: ifconfig e0a flowcontrol none

clustered Data ONTAP/ONTAP 9 のフロー制御に関する推奨事項: :

クラスタ間ポート、データスイッチ、データポートなど、各ネットワークパス全体のフロー制御設定を一致させることを推奨します。(クラスタ内 / クラスタネットワークポートを除く)

シスコの後続のプライオリティフロー制御( IEEE 802.1Qbb で定義)は、 802.3x の一時停止を置き換え、 IEEE 802.1P で定義されたサービスクラスごとに独立して制御できるメカニズムを提供することを目的としています  優先度フロー制御では、ネットワーク リンク上のすべてのトラフィックを一時停止する代わりに、管理者がトラフィックをそのサービス クラスに従って選択的に一時停止できます。

従来( 7-Mode / clustered Data ONTAP )では、 NetApp Data ONTAP クラスタ内のすべてのネットワークポートでフロー制御を無効にすることを推奨していました。現在ではこのアプローチを推奨していません。この分野のガイダンスは変更されており、新しい推奨ベストプラクティスは次のとおりです。

  • Data ONTAPクラスタ内のクラスタ ネットワーク ポートでは、フロー制御を無効にします。
  • 残りのネットワークポート(データ、管理、およびクラスタ間接続を提供するポート)のフロー制御は、環境内の他の設定と一致するように設定する必要があります。

追加情報

N/A