メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

アプリケーションに害を及ぼすことなく、失われた TCP 接続を MS iSCSI でどのように保護するかを制御するパラメータは何ですか。

Views:
121
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
iscsi-initiator-support-kit
Specialty:
san
Last Updated:

環境

  • SAN
  • SAN プロトコル
  • FlexPod

回答

一時的に接続が失われた場合、 Microsoft iSCSI イニシエータは「 Device not available 」というメッセージをすぐに表示するのではなく、ターゲットへの再接続を試行し、未処理の SCSI コマンドを再送信します。

MS iSCSI 再試行の動作に関連するレジストリ値は、次のパスに 3 つあります。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Class\{4D36E97B-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}\[Instance_Number]\Parameters

メモ: [instance_number] は、システムにすでに存在する SCSI アダプタの数によっては、システムによって異なる場合があります。

3 つのレジストリ値は次のとおりです。
  • DelayBetweenReconnect [default: 5 (seconds)]
  • MaxConnectionRetries [default: 0xFFFFFFFF, infinite]
  • MaxRequestHoldTime [default: 60 (seconds)]

説明:

通常 DelayBetweenReconnect はと MaxConnectionRetriesを変更する必要はありません。
変更MaxRequestHoldTimeするのは、おそらく唯一の方法でしょう。イベントの上位層に通知する前Device Removalに、 Microsoft iSCSI イニシエータが未処理のコマンドを保持して再試行する期間を定義します。このイベントは通常、 iSCSI ディスクを使用しているアプリケーションに I/O 障害を発生させます。MaxRequestHoldTime非 MPIO 環境にのみ関連します。MPIO が使用されている場合、この値は無視されます。

Device RemovaliSCSI Logical Unit Number ( LUNMaxRequestHoldTime )を使用しているアプリケーションでは、イベントが不正になることがあります。特に、ケーブルのプル、 Filer のリブート、 Filer クラスタのフェイルオーバーなどの処理に時間がかかる場合は、この問題が発生します。 
MaxRequestHoldTimeData ONTAP DSM for Windows MPIO が検出されない限り、 iSCSI プロトコルが選択されると、 Windows Host Utilities インストーラは 120 に設定されます。

メモ:Device RemovalDelayBetweenReconnectイベントが報告MaxConnectionRetriesされた後も、 Microsoft iSCSI イニシエータは、最初の 2 つのレジストリ値で定義されているように、ターゲットへの再接続を引き続き試行します。

レジストリ値を変更した後、 Windows iSCSI ホストを再起動する必要があります。

追加情報

N/A

Scan to view the article on your device