メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

アプリケーションに害を及ぼすことなく、失われた TCP 接続を MS iSCSI でどのように保護するかを制御するパラメータは何ですか。

Views:
5
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
iscsi-initiator-support-kit
Specialty:
san
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

  • SAN
  • SAN プロトコル
  • FlexPod

回答

一時的に接続が失われた場合、 Microsoft iSCSI イニシエータは「 Device not available 」というメッセージをすぐに表示するのではなく、ターゲットへの再接続を試行し、未処理の SCSI コマンドを再送信します。

MS iSCSI 再試行の動作に関連するレジストリ値は、次のパスに 3 つあります。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Class\{4D36E97B-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}\[Instance_Number]\Parameters

メモ: [instance_number] は、システムにすでに存在する SCSI アダプタの数によっては、システムによって異なる場合があります。

3 つのレジストリ値は次のとおりです。
  • DelayBetweenReconnect [default: 5 (seconds)]
  • MaxConnectionRetries [default: 0xFFFFFFFF, infinite]
  • MaxRequestHoldTime [default: 60 (seconds)]

説明:
通常DelayBetweenReconnectは、およびMaxConnectionRetriesを変更する必要はありません。
変更MaxRequestHoldTimeするのは、おそらく唯一の方法でしょう。イベントの上位層に通知する前Device Removalに、 Microsoft iSCSI イニシエータが未処理のコマンドを保持して再試行する期間を定義します。このイベントは通常、 iSCSI ディスクを使用しているアプリケーションに I/O 障害を発生させます。MaxRequestHoldTime非 MPIO 環境にのみ関連します。MPIO が使用されている場合、この値は無視されます。

Device RemovaliSCSI Logical Unit Number ( LUNMaxRequestHoldTime )を使用しているアプリケーションでは、イベントが不正になることがあります。特に、ケーブルのプル、 Filer のリブート、 Filer クラスタのフェイルオーバーなどの処理に時間がかかる場合は、この問題が発生します。 
MaxRequestHoldTimeData ONTAP DSM for Windows MPIO が検出されない限り、 iSCSI プロトコルが選択されると、 Windows Host Utilities インストーラは 120 に設定されます。

メモ:
Device Removalイベントが報告DelayBetweenReconnectMaxConnectionRetriesされた後も、 Microsoft iSCSI イニシエータは、最初の 2 つのレジストリ値で定義されているように、ターゲットへの再接続を引き続き試行します。

レジストリ値を変更した後、 Windows iSCSI ホストを再起動する必要があります。

追加情報

N/A