メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

「 Nbladed.nfsRCChecksumMismatch 」とは何ですか?

Views:
1
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
nfs
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • NFS

回答

  • サーバは、再送信時に同じ応答を必要とするリプレイ操作に対する応答キャッシュを保持します
  • このメッセージは、受信した要求がキャッシュされた要求と一致し、ペイロードが変更された場合に表示されます
  • EMSが永続的である場合は、クライアント接続またはクライアント接続を確認する必要があります
    • Man-in-the-Middleがペイロードを変更した可能性があります
    • クライアントOSまたはアプリケーションが誤って要求を再送信したか、RPC XIDを再利用した可能性があります

追加情報

  • 既存のすべてのバージョンのNFSでは、メッセージプロトコルとしてRPCを使用します
  • EMSの内容については、Syslog Translatorの「Nblading.nfsRCChecksumMismatch」ページを参照してください

 

Scan to view the article on your device

 

  • この記事は役に立ちましたか?