メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

clustered Data ONTAP での部分的なギブバックの意味は何ですか。

Views:
41
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

  • コア
  • clustered Data ONTAP 8
  • 管理

回答

clustered Data ONTAP でstorage failover showは、コマンドの実行時に次のような出力が表示されます。ただし、

::*> storage fail show
  (storage failover show)
                                      Takeover InterConn
Node           Partner        Enabled Possible Up        State
-------------- -------------- ------- -------- --------- ------------------
node-01        node-02        true    true     true      connected
node-02        node-01        true    true     true      giveback_partial_connected
2 entries were displayed.


cluster showコマンドの出力には問題

::*> cluster show
Node                 Health  Eligibility   Epsilon
-------------------- ------- ------------  ------------
node-01              true    true          false
node-02              true    true          false
2 entries were displayed.


は表示されず、データは通常どおり処理されます。 clustered Data ONTAP クラスタは、イーサネットクラスタネットワークを介して接続された一連の HA ペアで構成されます。HA ペアの各ノードは、停止またはオペレータがテイクオーバーを開始した場合に、ストレージを直接接続されたパートナーに障害を発生させることができます。この場合、物理ストレージレベルでの 7-Mode の場合とまったく同じプロセスが実行されます。ディスク予約の変更とディスクの一時的な所有権がパートナー sysid に付与されます。

ただし、 clustered Data ONTAP では、次の 2 種類のフェイルオーバーが発生することがあります。

  • CFO (クラスタフェイルオーバー): mroot アグリゲートのフェイルオーバーです。
  • SFO ( Storage Failover ):データアグリゲートのフェイルオーバーです。

フェイルオーバーのタイプは、 aggr オプションha_policyで定義します。

::> node run local aggr status -v aggr1

           Aggr State           Status            Options
          aggr1 online          raid4, aggr       nosnap=off, raidtype=raid4,
                               
32-bit            raidsize=8,
                                
                  ignore_inconsistent=off,
                                                  snapmirrored=off,
                                                  resyncsnaptime=60,
                                                  fs_size_fixed=off,
                                                  snapshot_autodelete=on,
                                                  lost_write_protect=on,
                                                  ha_policy=sfo, <-- this is an SFO aggr
                                                  hybrid_enabled=off,
                                                  percent_snapshot_space=5%,
                                                  free_space_realloc=on

                Volumes: datavol1, datavol2

                Plex /aggr1/plex0: online, normal, active
                    RAID group /aggr1/plex0/rg0: normal, block checksums
                   
                    ::> node run local aggr status -v aggr0_rr_01

Aggr State           Status            Options
    aggr0_node1 online          raid4, aggr       root, diskroot, nosnap=off,
                                
64-bit            raidtype=raid4, raidsize=8,
                                
                  ignore_inconsistent=off,
                                                  snapmirrored=off,
                                                  resyncsnaptime=60,
                                                  fs_size_fixed=off,
                                                  snapshot_autodelete=off,
                                                  lost_write_protect=on,
                                                  ha_policy=cfo, <-- this is a CFO aggr
                                                  hybrid_enabled=off,
                                                  percent_snapshot_space=5%,
                                                  free_space_realloc=on

                Volumes: vol0

                Plex /aggr0_node1/plex0: online, normal, active
                    RAID group /aggr0_node1/plex0/rg0: normal, block checksums


ギブバックが発生すると、 ストレージは、ディスクの所有ノードを再びホームとします。

ただし、次のような特定の状況では、このプロセスを拒否できます。

  • CIFS セッションがアクティブです
  • SnapMirrors が実行中です
  • 自動サポートが生成されています
  • ストレージの問題が発生する(障害ディスクなど)

この場合は、イベントログをチェックして拒否が発生した理由

::> event log show -messagename cf.rsrc.givebackVeto -instance

を確認します。例:

::*> event log show -messagename cf.rsrc.givebackVeto -instance

                    Node: node-02
               Sequence#: 22780
                    Time: 9/21/2011 11:57:13
                Severity: ALERT
            EMS Severity: SVC_ERROR
                  Source: cf_main
            Message Name: cf.rsrc.givebackVeto
                   Event: cf.rsrc.givebackVeto: Failover monitor: disk check: giveback cancelled due to active state
Kernel Generation Number: 1316618408
  Kernel Sequence Number: 970


拒否の原因が軽微な問題( AutoSupport 、障害ディスク、 CIFS セッションなど)である場合は、次のコマンドを実行して拒否を無効にし、ストレージギブバックを完了します。

cf giveback -f 

::> storage failover giveback -fromnode [nodename] -override-vetoes true

これは、 7-Mode でのの実行と似ています。パートナー・ストレージ・システムが「 Waiting for giveback 」状態でない場合は、実行するコマンドで * が指定されていることを確認してください。

::*> storage failover giveback -fromnode node-02 -require-partner-waiting false -override-vetoes true

WARNING: Initiating a giveback with vetoes overridden will result in giveback
         proceeding even if the node detects outstanding issues that would make
         a giveback dangerous or disruptive. Do you want to continue?
          {y|n}: y

注意:次のコマンドは、ネットアップのサポートの監督と承認がない限り実行しないでください。

  1. failover show次のコマンドを実行します。

::> storage failover show –instance

  1. 次のコマンドを実行して、パートナーのステータスを確認します。

::> node run local cf status

  1. 次のコマンドを実行して、ギブバックを再度実行します。

::> storage failover giveback -fromnode [nodename] -override-vetoes true -require-partner-waiting true

:部分的なギブバックは、ノードがギブバック処理中の場合にも表示されます。数分待ってからクリアしてください。

  1. Cluster-Mode で、次のコマンドを実行して、フェイルオーバー時にストレージを自動的にギブバックするオプションを有効にします。

    ::> storage failover modify -node * -auto-giveback true

このオプションを有効にすると、ストレージは次のオプションで指定された遅延時間で自動的にギブバックされます (デフォルト値は 300 秒)

::> node run local options cf.giveback.auto.delay.seconds

cf.giveback.auto.delay.seconds 300


:このオプションでは、ディスクチェックやアクティブな CIFS セッションなどの問題も無視されます。

  1. 次の advanced level コマンドを実行して、ギブバックのステータスを確認します。

::> set advanced
::*> storage failover progress-table show

追加情報

 

 

 

 

  • この記事は役に立ちましたか?