メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

再割り当ての測定で、ホットスポットの値は何を示していますか。

Views:
23
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

に適用されます

Data ONTAP

回答

再割り当て測定を実行すると、次の出力が表示されます。
reallocate measure -o -l /vol/logs/measure_log_dblun/vol/dbvol/dblun
Fri Nov 06 18:18:26 CET [filer: wafl_scan_worker: wafl.reallocate.check.high:info]: Allocation check on '/vol/vmw_alg_09' is 6, hotspot 19 (threshold 4), so will reallocate.

しきい値は、 3 (レイアウトが適度に最適) ~ 10 (レイアウトが最適ではない)の数値です。デフォルトは 4 です。   
結果をホットスポットと混同しないでください。
ホットスポットの値は、スキャンされたオブジェクトの一部に、オブジェクトの残りの部分よりも最適でないレイアウトがあることを示します。
「ホットスポット」は、再割り当てを開始するかどうかを計算したものです。平均最適化がしきい値を超えた場合は、再割り当てを実行することを推奨するログメッセージが表示されることがあります。ただし、データ全体の最適化率が小さいほど、最適化が非常に低くなります。

追加情報

AdditionalInformation_Text

 

Scan to view the article on your device