メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

ブロック所有権計算スキャナとは何ですか?

Views:
49
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
clustered-data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

に適用されます

  • clustered Data ONTAP
  • Data ONTAP 7-Mode

回答

wafl scan status このコマンドを実行すると、ブロック所有権の計算スキャナがレポートされ、ストレージシステムでパフォーマンスの問題が発生します。

これがパフォーマンスへの影響の原因である場合は、根本原因を特定してください。または、 Data[1] ONTAP 8.2.1 以降を必要とするバグ 76795 を修正すると、スキャナによる影響も軽減されます。

また、リンクさ[2][3][4]れているバグ 698798 、 821320 、 648017 もさらに改善されています。ただし、以下のような製品を使用する場合は、これが通常のプロセスとなります。

Write Anywhere File Layout ( WAFL )ファイルシステムには、システムがアイドル状態のときに実行される多くのバックグラウンドプロセスがあります。システムを最適な状態に保ち、その他の問題やシステム停止を軽減します。これらのうちの 1 つをと呼び' block ownership scanner 'ます。snapshot deleteCLI などの形式でコマンドを実行したり、別' block ownership calculation 'の Snapshot 処理を実行したりすると、 WAFL はスキャナを実行して、ブロック所有権の変更の概算を取得します。

これは、次の方法で実行できます。

  • DataFabric Manager ( DFM ) /OnCommand Unified Manager
  • OnCommand System Manager の一部のバージョン
  • SFSR (単一ファイルのスナップリストア)
  • .snapshotユーザが手動でファイルをディレクトリからアクティブにコピーして戻します
  • NFS を使用するファイルシステム。
  • コマンドラインからのブルートフォース WAFL スキャナの起動
  • ブラウザからのブルートフォース WAFL スキャナの起動( ZAPI )
  • スナップショット間の変更をスキャンするその他のコマンド ' snap delta '

block ownership calculation scannerの手順を実行して、がどこから来ているかを確認します。

1. Data ONTAP 7-Mode ストレージシステムでoptions auditlog.readonly_api.enable on 、を実行します。
clustered Data ONTAP で::> security audit modify -ontapiget on 、コマンドを実行します。

2. rdfile /etc/log/auditlog.logData ONTAP 7-Mode またはノードシェルでコマンドを実行し、が含まれている行を探します snapshot-delta-info or snapshot-list-info .

3. NetApp Management Console /DFM/OnCommand Unified Manager 5.x を使用する場合は、以下を参照してスキャナの頻度を減らしてください。

OnCommand Unified Manager/DFM 5.x 以前の ZAPI コールを削減するには、次の手順を実行します。

1. Linux ベースの場合は DFM サーバに SSH を、 Windows ベースの場合は RDP を入力して、管理者としてコマンドプロンプトを開きます( Start > cmd > 右クリックし、 Run as Administrator をクリックしてから、 UAC プロンプトを受け入れます)。

2. CLI から、次のコマンドを実行します。

dfm option set snapmirrorMonInterval=12hours
dfm option set snapshotMonInterval=12hours
dfm option set dsConformanceMonInterval=12hours
dfm option set snapDeltaMonitorEnabled=no
dfm option set isEnableWGChecks=no

追加情報

AdditionalInformation_Text

Scan to view the article on your device