メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

運用中に Linux クライアントで「 -enable-ejukebox 」オプションと「 -v3-connection-drop 」オプションを無効にすると、どのような影響がありますか。

Views:
58
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
nfs
Last Updated:

に適用されます

ONTAP 9

回答

-ejukebox-enableが false-v3-connection-dropで、が true の場合、 Filer は応答をドロップし、接続を閉じます。数秒後にクライアントが再接続し、要求を再試行します。

-ejukebox-enableが true-v3-connection-dropで、が false の場合、 Filer は応答をドロップしますが、接続はドロップされません。これにより、クライアントは RPC 要求をタイムアウトして再送信します。クライアントによっては、この処理に数分かかることがあります。

追加情報

AdditionalInformation_Text

 

Scan to view the article on your device