メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

fcp stats コマンドでレポートされる情報は何ですか。

Views:
9
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
san
Last Updated:

に適用されます

  • Data ONTAP
  • Data ONTAP 8.1 7-Mode
  • Data ONTAP 8.2 7-Mode
  • Data ONTAP 7 以前
  • SAN

回答

fcp stats コマンドでレポートされる情報は何ですか。

ストレージコントローラ上の FCP ターゲットポートの統計情報は、コマンドを使用して表示できます。 fcp stats command.これらの統計情報は、前回のコントローラのリブート以降、または統計情報が最後にクリアされてから蓄積されます。これらの統計情報は fcp stats -z Initiators Connectedコマンドを使用してクリアされますが、クリアされない点が異なります。

storage1> fcp stats 0c

Statistics for adapter 0c
Read Ops:               11312852
Write Ops:              11009873
Other Ops:              9552749
KBytes In:              326213053
KBytes Out:             323309684
Adapter Resets:         0
Frame Overruns:         0
Frame Underruns:        0
Initiators Connected:   22
Link Breaks:            1
Virtual Link Breaks:    0
FCF Ad Timeouts:        0
LIP Resets:             0
SCSI Requests Dropped:  0
Interrupts:             998855
Spurious Interrupts:    430547
Total Logins:           139
Total Logouts:          123
CRC Errors:             8
Adapter Qfulls:         0
Protocol Errors:        0
Invalid Transmit Words: 0
LR Sent:                0
LR Received:            0
Discarded Frames:       0
NOS Received:           3
OLS Received:           0
Queue Depth:            4
--------------------------
SCSI Qfulls sent        0
Shared Interrupts:      0
Polled Interrupts:      1916006
Polled Ints Preempted:  0
Polled Ints Lost:       276814
Polled Ints Yielded:    0
Hung Commands:          5
ATIO No Handle:         0
ABTS No Handle:         0
ABTS No Handle (SID):   0
DISC No Handle:         0
AEN Recv Error:         0
CTIO Unexpected RXID:   0
CTIO Term Except:       0

Statistics for SFP on 0c
Vendor Name:            FINISAR CORP.
Vendor OUI:             0:144:101
Vendor PN:              FTLF8528P3BNV-N1
Vendor Rev:             A
Serial No:              ABC1XYZ
Date Code:              12:13:4
Media Form:             SFP
Connector:              LC
Wavelength:             850 (nm)
Encoding:               8B10B
FC Speed Capabilities:  2, 4, 8 Gbit/Sec
SFP RX Optical Power:   483.3 (uWatts)
SFP TX Optical Power:   469.0 (uWatts)



Read Ops: アダプタによって処理された SCSI 読み取り処理の数。

Write Ops: アダプタによって処理された SCSI 書き込み処理の数。

Other Ops: アダプタによって処理されたその他の SCSI 処理(読み取りまたは書き込みではない)の数。

KBytes In: アダプタが受信したデータのキロバイト数。

Kbytes Out: アダプタによって送信されたデータのキロバイト数。

Adapter Resets: アダプタがリセットされた回数。ここでは、 SFP またはリンクに問題があることを示す可能性がありますが、問題があるかどうかを確認するには、さらに調査する必要があります。

Frame Overruns: アダプタ上のオーバーランイベントの数。

Frame Underruns: アダプタのアンダーランイベントの数。

Initiators Connected: このアダプタに接続されているイニシエータの合計数。

Link Breaks: リンクが切断された回数。

Virtual Link Breaks: FCoE 環境で仮想アダプタリンクが切断された回数。

FCF Ad Timeouts: 仮想アダプタが許容時間内に応答を受信せずに FCF アドバタイズメントを送信した回数。これらのアドバタイズメントは、 FCoE 環境で FCoE スイッチを検出するために使用されます。

LIP Resets: アダプタが LIP リセット要求を受信した回数。ループ構成にのみ適用されます。

SCSI Requests Dropped: アダプタによってドロップされた SCSI 要求の数。

Interrupts: アダプタによって生成された割り込みの数。割り込みは、コマンドの処理と完了に使用されます。通常、多数の割り込みが発生します。

Spurious Interrupts: アダプタによって生成されたスプリアス割り込みの数。スプリアス割り込みは、アダプタがビジー状態でない場合に生成されます(処理は行われません)。通常、多数のスプリアス割り込みが発生します。

Total Logins: このアダプタにイニシエータ接続が追加された回数。

Total Logouts: このアダプタからイニシエータ接続が削除された回数。

CRC Errors: 巡回冗長検査に失敗した受信フレームの数。これは、アダプタに送信中にフレームが損傷した場合に発生します。CRC エラーの数が多い場合は、リンクに物理的な問題があることを示しています(ケーブル、 SFP 、またはパッチパネルの不良)。

Adapter Qfulls: アダプタによって生成された SCSI キューフル応答の数。数が多い場合は、キューの深さの設定に問題があることを示している可能性があります。詳細について[1]は、『 SAN 構成ガイド』を参照してください。

Protocol Errors: アダプタで発生したプロトコルエラーの数。

Invalid Transmit Words: アダプタ上の無効な送信ワードの数。詳細については、 KB 「無効な単語」エラーの意味と解決方法を参照してください。

LR Sent: 送信されたリンクリセットプリミティブの数。

LR Received: 受信したリンクリセットプリミティブの数。

Discarded Frames: 廃棄された受信フレームの数。

NOS Received: アダプタが受信した Not Operational シーケンスプリミティブの数。これらのプリミティブは、リンクに問題がある場合に送信されます。

OLS Received: 受信したオフラインシーケンスプリミティブの数。これらは受信した NOS プリミティブに応答して送信されます。これは受信数なので、アダプタが送信した Nos プリミティブへの応答になります。

Queue Depth: ターゲットアダプタのキューの深さ。

SCSI Qfulls sent: このアダプタによって送信された SCSI QFULL 応答の数。数が多い場合は、イニシエータキューの深度設定またはファンイン比率を調整する必要があることを示している可能性があります。[2]キューの深さの計算の詳細については、『 SAN Configuration Guide 』を参照してください。

Shared Interrupts: アダプタによって生成された共有割り込みの数。

Polled Interrupts: アダプタでポーリングされた割り込みの数。

Polled Ints Preempted: ポーリングされた割り込みが優先された回数。

Polled Ints Lost: ポーリングされた割り込みの損失数。

Polled Ints Yielded: ポーリングされた割り込みが発生した回数。

Hung Commands: アダプタによって報告されたハングコマンドの数。

AEN Recv Error: ファブリックから受信した非同期イベント通知の数。これらのエラーは、コントローラの EMS ログでも確認できます。詳細についてEMS メッセージ「 fcp.io.status : aen 0x8048 ( recv_error )」が頻繁に発生しています


fcp stats will also report information about the SFPs in the adapter.

Vendor Name:は、 KB EMS メッセージ「 fcp.io 」を参照してください。ステータス: AEN 0x8048 ( recv_error )。 SFP のベンダー名が頻繁に使用されます。

Vendor OUI: ベンダーの組織固有の識別子番号。

Vendor PN: SFP の部品番号。

Vendor Rev: SFP のリビジョン番号。

Serial No: SFP のシリアル番号。

Date Code: SFP の日付コード。

Media Form: SFP のメディアフォームファクタ。

Connector: SFP のコネクタタイプ。

Wavelength: SFP で使用される光波長。

Encoding: SFP で使用される符号化方式。

FC Speed Capabilities: SFP でサポートされる接続速度。FCP の場合、サポートされている FCP 速度( 2 、 4 、 8 、 16 、 32 など)がレポートされます。CNA カードの FCoE に使用される SFP は、イーサネットリンク速度( 10 ギガビット / 秒など)をサポートします。

SFP RX Optical Power: SFP が受信した光パワー。予想される光パワーの詳細については、 KB 「 SFP の Rx 光パワーは何になるか」を参照してください。

SFP TX Optical Power: SFP によって送信された光パワー。予想される光パワーの詳細については、 KB 「 SFP の Rx 光パワーは何になるか」を参照してください。

追加情報

AdditionalInformation_Text