メインコンテンツまでスキップ

LUN のサイズ変更が可能な最大サイズはいくつですか。

Views:
272
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-7
Specialty:
san
Last Updated:

環境

  • SAN 
  • FlexPod 
  • Data ONTAP 9.5 よりも前 
  • clustered Data ONTAP と 7-Mode

回答

  • LUN の拡張はどの程度まで可能ですか。
  • LUN の 10 倍の制限を決定する方法
  • 既存の LUN を拡張できるのはどのくらいのサイズですか。

LUN は、ブロックアクセスプロトコルを使用して SCSI ディスクとして公開される Data ONTAP の特別なファイルです。これらのファイルのサイズは、 ONTAP 9.5 より前のバージョンでは元のサイズの 10 倍まで、 SCSI ディスクジオメトリ属性( CHS 、または Cylder-Head-Sector 、 DATA とも呼ばれます)により、サイズ変更の上限は 64 GB です。64 GB の最小上限は、 1 MB のシリンダサイズと最大シリンダ数 65535 ( 16 ビット値の上限)に基づきます。つまり、 LUN の最小サイズにかかわらず、いつでも 64GB 以上に拡張できます。

Solaris LUN タイプ(バグ 8383382)のサイズは変更しないでください。
( Solaris LUN のサイズ変更時に表示されるエラー - 「 Error : command failed : function not implemented 」)

lun geometryData ONTAP 7.0 では 、 LUN のディスクジオメトリ属性を表示および編集するためのコマンドが追加されました。LUN パスを指定してコマンドを実行すると、 LUN のジオメトリと、 LUN のサイズ変更可能な最大サイズが表示されます。advanced 権限モードと diag でのみ使用できます。

*** Data ONTAP 8 で使用されています <priv set diag> 

 filer> priv set diag
 filer> lun geometry /vol/vol1/my_lun
 SCSI Disk Geometry:
 512 bytes/sector
 256 sectors/track
 16 tracks/cylinder (heads)
 4096 sectors/cylinder
 5120 cylinders
 20971520 sectors
 2097152 cylinder size (2megabyte (MB))
 10737418240 device size (10240 MB)
 137436856320 max resize size (131070 MB)

max resize size:この出力の最後の行()は、最終的に LUN のサイズがどの程度まで拡大されるかを表しています。

Data ONTAP で LUN を作成すると、初期作成サイズの 10 倍まで拡張した場合の SCSI ジオメトリが計算されます。

これにより、 ONTAP 9.5 よりも前のバージョンでは、従来のサイズの 10 倍まで LUN のサイズを拡張できるようになります。ここでも、 6 GB を超える LUN について説明します。6 GB より小さいサイズの LUN では、形状が原因で 64 GB まで拡張できます。これは、 65535 シリンダで構成される 1 MB のシリンダサイズを表しています。

: Windows LUN のシリンダサイズは大幅に大きいため、サイズを大きくすることができます。50GB 以下の LUN のサイズは、いずれも約 500GB に変更できます。

開始サイズ( 7-Mode )に関係なく、 LUN のサイズを 10 倍の制限値を超える方法は次のとおりです。

次のアクションプランを実行して、元の LUN が 6GB より小さい場合でも、 LUN のサイズを元の 10 倍の制限を超えるように手動で拡張します。

警告:次の例で指定した 271,434,240 の値を超える Cylinder _size を増やさないでください。Solaris タイプの LUN に対しては、この処理を実行しないでください。

  1. LUN が含まれているボリュームの Snapshot を作成します。これは、 LUN のサイズ変更後に何らかの理由で予想される結果が得られない場合に、フェイルバック計画のベースとして使用できます。
  2. lun attribute コマンドを実行してシリンダサイズを変更します。これにより、 LUN 形状データ内のトラックあたりのセクター数およびシリンダ数が再計算されます。
    lun attribute set -f /vol/vol1/my_lun cylinder_size 271434240
  3. lun geometry コマンドを実行して、ジオメトリが変更されたことを確認します。新しい最大 LUN サイズは 16 TB ( Data ONTAP の最大 LUN サイズである 16742279 MB )と報告されます。
    これで、通常の方法で新しいサイズ(最大 16TB )に LUN のサイズを変更できるようになります。
  4. LUN のサイズを変更したら、 SAN ホストオペレーティングシステムから LUN を再スキャンして新しいサイズを確認します。
  5. この時点で、 LUN 内のパーティション、ボリューム、およびファイルシステムの管理について、ホストオペレーティングシステムまたはその他のサードパーティのドキュメントを参照してください。

開始サイズに関係なく、 LUN のサイズを 10 倍の制限値を超える方法( clustered Data ONTAP ):

ONTAP 9.5 では、サイズ変更の 10 倍の制限が解除されたため、通常の方法でサイズを変更できます。clustered Data ONTAP 8.x および ONTAP 9 9.5 より前のバージョンでは、この機能はありません。代わりに、新しいボリュームと LUN を作成し、データを新しい(適切なサイズに)場所に移行する必要があります。サポートされているプラットフォームでコピーオフロードを利用すると、新しい LUN への移行時のシステム利用率を高めることができます。また、コピーオフロードでは、新しい LUN が同じボリューム内に作成され、コピーオフロードエンジンでサブ LUN ブロックのクローニングにスペース効率化エンジンを利用できる場合、その LUN にコピーされたデータのスペース使用率が低下する可能性もあります。(バグ 692842

追加情報

AdditionalInformation_Text

Scan to view the article on your device