メインコンテンツまでスキップ

auto-giveback-override-vetoesパラメータが廃止されたあとの拒否動作は何ですか。

Views:
21
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core<a>200918348.</a>
Last Updated:

環境

ONTAP 9.2 以降

回答

設定値として動作 falseします。

追加情報

  • [-auto-giveback-override-vetoes[1]{true | false}]-自動ギブバックによる拒否の無視が有効になりました
(オプション)自動ギブバック処理を開始したときに、長時間実行されている処理(NDMPダンプ / リストア、ボリューム検証など)を停止し、パートナーの拒否権を無視するかどうかを指定します。
このオプションをfalseに設定すると、長時間実行されている処理が完了するまで自動ギブバックが保留され、パートナーの拒否権も考慮されます。
デフォルト設定はfalseです。
  • 拒否を無視してギブバックstorage failover giveback -override-votes true を実行する場合は、コマンドのサポートが続行されます。
ontap910::*> storage failover giveback ?
{ [-ofnode] <nodename> Node to which Control is Givenback
| -fromnode <nodename> } Node Initiating Giveback
[[-require-partner-waiting] {true|false}] *Require Partner in Waiting (default: true)
[ -override-vetoes [true] ] Override All Vetoes (default: false) <------------
Scan to view the article on your device

 

  • この記事は役に立ちましたか?