メインコンテンツまでスキップ

ONTAP の他の IOPS で処理されるメッセージ

Views:
27
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
perf
Last Updated:

に適用されます

  • ONTAP 9
  • clustered Data ONTAP 8
  • Data ONTAP 7-Mode 
  • NFS 
  • CIFS ( SMB )

回答

ネットアップでは、 3 種類の運用タイプ(読み取り、書き込みなど)を測定しています。読み取りまたは書き込み以外のものは、他のものとしてカウントされます。「その他」に分類されるメッセージのリストを次に示します。

NFS

NFS の手順の概要を次に示します。

プロシージャ 0 : NULL - 何もしない
プロシージャ 1 : getattr - ファイル属性の取得
プロシージャ 2 : setattr - ファイル属性の設定
プロシージャ 3 :検索 - ルックアップファイル名
プロシージャ 4 :アクセス - チェックアクセスパーミッションプロシージャ 5 :
readlink -read from symbolic link
procedure 6: read-read from file
procedure 7 : write-write to file
procedure 8 : create - create a file
procedure 9 : mkdir - create a directory
procedure 10 : symlink - シンボリックリンク
を作成する手順 11 : mknod - 特殊なデバイス
を作成する手順 12 :削除 - ファイル
を削除する手順 13 : rmdir - ディレクトリ
を削除する手順 14 :名前の変更 - ファイルまたはディレクトリ
の名前の変更手順 15 : リンク - オブジェクト
へのリンクの作成手順 16 : readdir - ディレクトリ
からの読み取り手順 17 : readdirplus - ディレクトリ
からの拡張読み取り手順 18 : fsstat - 動的ファイルシステム情報
の取得手順 19 : fsinfo - 静的ファイルシステム情報
の取得手順 20:pathconf - POSIX 情報
の取得手順 21: コミット - サーバ上のキャッシュデータを安定したストレージにコミットする

SMB2

opcode 値を指定した SMB2 コマンドが表示されます。

SMB2 Negotiate 0x0000
SMB2 session_setup 0x0001
SMB2 logoff 0x0002
SMB2 tree_connect 0x0003
SMB2 tree_disconnect 0x0004
SMB2 create 0x0006
SMB2 close 0x0006
SMB2 flush 0x0007
SMB2 read 0x0008
SMB2 write 0x0009
SMB2 ロック 0x000A
SMB2 IOCTL 0x000B
SMB2 キャンセル 0x000C
SMB2 エコー 0x000D SMB2
クエリディレクトリ 0x000E
SMB2 変更通知 0x000F
SMB2 クエリ情報 0x0010SMB2
設定情報 0x0011SMB2
ロック 0x0012

追加情報