メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

FlexArray の設定情報はどこで入手できますか。

Views:
3
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
v-series-flexarray
Specialty:
san
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • FlexArray

回答

FlexArray の設定情報は、次の場所で確認できます。

  • AutoSupport ( ASUP ) AutoSupport ( ASUP )
    • array-config.xml : SAN 接続のストレージアレイに関する情報を表示します
      • E シリーズのセットアップ用に接続されたシャーシのシリアル番号を識別するために使用できます
    • array-profile-db.xml :アレイプロファイルに関する情報を表示します
    • array-profile-port-db.xml :ストレージアレイのターゲットポートに関する情報を表示します
    • store-path.xml :フロントエンド FAS からバックエンドストレージまでのイニシエータポート、ターゲットポート、および Initiator-Target-Nexus ( ITNS )に関する情報と統計情報を表示します
    • disk-paths.xml :バックエンド LUN と FC パスに関する情報と統計情報を表示します
    • store-disk-virtual-machine.xml :現在、ほとんどのディスクパスが表示されますが、将来的には重要な情報が含まれる予定です。

注:一部のセクションは、古いバージョンの Data ONTAP では使用できない場合があります

  • Filer の CLI から
    • storage array show-instance :アレイプロファイルに関する情報を表示します
    • storage array config show : SAN 接続のストレージアレイに関する情報を表示します
    • storage array port show :ストレージアレイのターゲットポートに関する情報を表示します
    • storage disk show-instance :バックエンド LUN と FC パスに関する情報と統計情報を表示します
    • storage path show-by-initiator-array-name ●フロントエンド FAS からバックエンドストレージまでのイニシエータポート、ターゲットポート、および initiator-target-nexus ( ITNS )に関する情報と統計情報を表示します

追加情報

AdditionalInformation_Text

 

Scan to view the article on your device