メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

テイクオーバー / ギブバック、アグリゲートの再配置、 vFiler の移行中に NFSv4 および NFSv4.1 の I/O が停止するのはなぜですか。

Views:
112
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
clustered-data-ontap-8
Specialty:
nfs
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

  • ONTAP 9
  • clustered Data ONTAP 8 
  • Data ONTAP 7 以前

回答

環境

NFSv4

I/O の実行は、 NFSv4 経由でクライアントにデータを提供するストレージシステムがテイクオーバー / ギブバックモードになっている場合、またはアグリゲートの再配置などの処理が実行されている場合に停止します。

NFSv3 でデータが提供されている場合、 NFS v3 はステートレスプロトコルであるため、この動作は発生しません。NFSv4 以降では、 NFS は CIFS に似ているため、ステートフルプロトコルになりました。ステートフルプロトコルを使用して接続しているインターフェイスを変更すると、短時間で停止することが予想されます。

追加情報

関連リンク:

 

Scan to view the article on your device