メインコンテンツまでスキップ

NetApp ONTAP は、 VMware VSAN 用の VNAS ソリューションを選択します

Views:
16
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-select
Specialty:
core
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

ONTAP Select

回答

この記事では、 NetApp ONTAP Select の VMware VSAN サポートについて説明します。

免責事項:
この記事で紹介しているパートナーソリューションは、パートナーが開発し、サポートするソリューションです。本製品の使用には、パートナーのエンドユーザライセンス契約も適用されます。この製品を使用するには、パートナーからアプリケーション、サポート、およびライセンスを入手する必要があります。詳細については、 netapp.com を参照してください。

VMware Ready for VSAN File Services 認定では、 VSAN データストアを使用して SMB および NFS 共有にサービスを提供するパートナーソリューションの機能のみが検証されます。最適なパフォーマンスと機能を確保するため、 VMware では、 VSAN ファイルサービスソリューションを介した VMDK ファイルのホスティングをサポートしていません。VSAN データストアの使用方法の詳細については、 VSAN のマニュアルを参照してください。

解決策
: NetApp ONTAP Select を VSAN データストアに導入すると、クライアントがファイル( CIFS/NFS )プロトコルとブロック( iSCSI )プロトコルを使用して VSAN データストアの容量を提示して消費できるようにする、堅牢なユニファイドソリューションが構築されます。ONTAP Select は、 ONTAP SnapMirror レプリケーションエンジンを使用して、管理対象のデータを保護します。

このアーキテクチャは、 ONTAP Select Virtual NAS または VNAS ソリューションと呼ばれます。

VSAN データストアは、ハイブリッドとオールフラッシュの両方の VSAN 構成からプロビジョニングでき、 NetApp の NAS およびブロックソリューションを使用して VSAN 機能を効果的に拡張できます。VSAN データストアを使用する場合、 ONTAP Select で管理されるデータのローカルな耐久性は、 FTT (耐障害性)および FTM (耐障害性方式)の設定によって提供されます。データは ONTAP のネイティブレプリケーションテクノロジ( SnapMirror )を使用して保護されます。
 
NetApp ONTAP Select VNAS ソリューションは、次のようなメリットを備えており、柔軟で強力なソリューションとなっています。

暗号化:
ONTAP Select では、 256 ビット AES キーを使用する NetApp ボリューム暗号化による静止データ暗号化がサポートされています。

Storage Efficiency
: Storage Efficiency ポリシーには、重複排除、圧縮、圧縮などが含まれます。これらのポリシーは、 ONTAP でホストされるファイルシステムレベルで機能します。これにより、 VSAN ノード間でストレージ効率ポリシーが機能します。これらのポリシーは、インラインでもバックグラウンドでも機能します。

Data Management and Protection
: ONTAP Select は ONTAP 9 をベースにしているため、エンジニアリングされたアプライアンスと同じデータ管理ツールとデータ保護ツールをサポートします。このリスト®®には、 NetApp OnCommand Management Suite ( OnCommand System Manager および Unified Manager 、 OnCommand Insight 、 OnCommand Workflow Automation 、 SnapCenter )が含まれます。Data Protection の観点®®®から見ると、 ONTAP Select は SnapMirror 、 SnapManager スイート、 SnapRestore 、 FlexClone をサポートしています。これにより、 ONTAP Select では、データを柔軟性、効率性、セキュリティで移動および保護できる包括的なデータ管理プリミティブを提供できます。

ONTAP Select VNAS ソリューションは、 VMware HA 、 VMotion 、および Distributed Resource Scheduler ( DRS )をサポートします。

使用例
: ONTAP Select VNAS ソリューションは、 VSAN データストアで NAS ファイルサービス、ブロックプロトコル、データ保護サービスを提供するコスト効率の高いオプションです。VSAN インフラは、 ONTAP Select VM にハイアベイラビリティとハードウェア冗長性を提供します。したがって、 ONTAP Select VNAS ソリューションと VSAN インフラは本質的に相乗効果を発揮し、企業は VSAN への投資の可能性を最大限に活用しながら、エンタープライズレベルのファイルおよびデータレプリケーションサービスを提供できます。

ソリューションアーキテクチャ
: ONTAP Select VNAS ソリューションは、次の 2 つの仮想マシンで構成されます。

  • ONTAP Select VM 。 VMware 用語ではストレージ仮想アプライアンスとも呼ばれます。SVA は、 4 個の vCPU /16 GB の RAM 、または 8 個の CPU /64 GB の RAM で構成できます。

  • ONTAP Deployこの VM は、 ONTAP Select VM のインストールと設定に必要です。ONTAP Deploy はデータを提供しないため、 VSAN データストア内や同じデータセンター内に存在する必要はありません。

  • 1 つの ONTAP Deploy インストール VM で、同じ VSAN データストアまたは異なる VSAN データストアに複数の SVM を作成できます。ONTAP Select VM をインストールしてライセンスを取得したら、通常のデータ管理操作に影響を与えることなく、 ONTAP Deploy VM をシャットダウンできます。

ONTAP オペレーティングシステムには、 System Manager と SnapMirror レプリケーションエンジンという管理要素が含まれています。

次の図は、複数の VSAN インフラで多数の ONTAP Select SVA をインスタンス化した ONTAP Deploy VM を示しています。ONTAP Select VM では、 NetApp FAS アレイや、 NetApp データファブリックでサポートされている他のエンドポイントを使用して、他のインスタンスとデータ保護の関係を確立できます。

図 1.png

ソリューションコンポーネント:
『 NetApp Interoperability Matrix[1] 』では、 ONTAP Select と VSAN のバージョンの互換性に関する最新情報が提供されており、ネットアップの相互運用性を利用してアクセスできます。

ONTAP Deploy VM は、 NetApp ソフトウェアのダウンロードページからダウンロードできます。このページには、 1 つ以上の ONTAP Select SVA インスタンスを作成するために必要なすべてのバイナリが含まれています。この単一ダウンロードは、ソフトウェアダウンロードからアクセスできます。
 
サポート情報:

お客様は、 ONTAP Select のシリアル番号を使用してテクニカルサポートの問題について、チャット、 Web チケット、または電話でネットアップサポートに連絡します。ネットアップと VMware は、サードパーティのエスカレーションに TSANet 関係を結んでいます。

ONTAP Select Deploy ユーティリティは、 UI にお客様向けのイベントログを提供します。ONTAP Select VM には、 SNMP 、 syslog 、または SMTP 通知をトリガーする EMS イベントレポート機能が用意されています。

ネットアップのテクニカルサポートチームは、 ONTAP Select Deploy ユーティリティまたは ONTAP Select VM 自体のいずれかについて、 AutoSupport Call Home バンドルをお客様に要求します。ネットアップの担当者は、さらにトラブルシューティングとデバッグを行うことができます。お客様は、中断を伴うイベントのために自動的に ASUP バンドルをトリガーしてネットアップにアップロードするように ONTAP Select を設定し、プロセス内にお客様のチケットを作成できます。または、 ONTAP Select から Back to NetApp を選択して、これらのログバンドルを手動でトリガーすることもできます。AutoSupport のセットアップの詳細について[2]は、テクニカルレポート『 Data ONTAP AutoSupport 』およびオンデマンド設定を参照してください。

ネットアップの相互運用性については、必ず『 NetApp Interoperability Matrix 』( IMT )を参照してください。IMT ツールには、お客様の構成に関連した VMotion 、 HA 、および FT のさまざまなサポート情報を反映した補足情報(アラートまたは情報)が記載されています。

製品マニュアル[3]には、 NetApp ONTAP Select のリソースからアクセスできます。

製品(無償の評価ライセンスを含む)[4]は、ソフトウェアのダウンロードからダウンロードできます。

ONTAP Select のサポートポータルにアクセスすることもできます。
 
TR-4517 に記載[5]されている ONTAP Select のユースケースと導入モデルの詳細については、『 Technical Report ONTAP Select Product Architecture and Best Practices 』を参照してください。

追加情報

N/A

 

 

 

  • この記事は役に立ちましたか?