メインコンテンツまでスキップ

期限が切れているため、 ONTAP Select VM のハードウェアバージョンをアップグレードする必要があります VMSA-2018-0004 に移動します

Views:
10
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-select
Specialty:
cloud
Last Updated:

に適用されます

  • ONTAP Select
  • ESXi
  • 脆弱性

問題

サイト脆弱性スキャンにより、 VMware VM で実行されているハードウェアバージョン 7 以下に、次の脆弱性が存在することが報告されます。

 
仮想マシンに対する新しい投機実行制御メカニズムです
 
vCenter Server 、 ESXi 、 Workstation 、および Fusion の更新により、仮想マシン( VM )の新しい投機的実行制御メカニズムが仮想化されます。その結果、パッチを適用したゲストオペレーティングシステム(ゲスト OS )でブランチターゲットインジェクションの問題( CVE-2017-5715 )を修正できます。この問題により、 VM 内のプロセス間で情報が漏洩する可能性があります。
 
ゲスト OS で CVE-2017-5715 を修正するには、 VMware とサードパーティの次の要件を満たす必要があります。これらのポイントは簡単な概要を示すものです。軽減プロセスの詳細については、 VMware ナレッジベースの記事 52085 を参照してください。
 
VMwareの要件
 
• 表に記載された更新後のバージョンの vCenter Server を導入します( vCenter Server を使用する場合)。
• 表に記載されている Workstation または Fusion の ESXi パッチおよび新しいバージョンを導入します。
• VM でハードウェアバージョン 9 以降が使用されていることを確認します。最高のパフォーマンスを得るには、ハードウェアバージョン 11 以降をお勧めします。ハードウェアバージョンについては、 VMware のナレッジベースの記事 1010675 を参照してください。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support