メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

clustered Data ONTAP は CIFS/SMB NDO をサポートしていますか。

Views:
6
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
single-mailbox-recovery-smbr
Specialty:
cifs
Last Updated:

に適用されます

clustered Data ONTAP 8.2

回答

NDO は、 clustered Data ONTAP の基本的な機能であるノンストップオペレーションです。CIFS / サーバメッセージブロック( SMB )はステートフルプロトコルであるため、一部の無停止処理ではデータの継続的な可用性が確保されません。SMB および clustered Data ONTAP の新しいバージョンが導入されたことで、いくつかの改善が実装されました。

  • SMB1.0 は、永続的なファイルハンドルまたは永続的なファイルハンドルを使用しないと、プロトコルに固有の制限があるため、ネットワークの停止を継続できませんでした。
  • SMB2.0 では、ネットワーク障害が発生してもクライアントが再接続できるように、オープンファイルハンドルの永続ハンドルが導入されています。
  • clustered Data ONTAP 8.2 では、 NDO をより適切にサポートするために、 Microsoft HyperV 環境に SMB 3.0 向けの NDO が導入されました。これにより、継続的なデータ可用性が向上します。

次の図は、 CIFS/SMB NDO の概要を示しています

                       NDO                        SMB 1.0               SMB 2.xとSMB 3.0         SMB 3.0 ( Hyper-V のみ)
               LIFの移行                      停止を伴う手順                   nondisruptive(無停止)              nondisruptive(無停止)
              ボリューム移動                     nondisruptive(無停止)                   nondisruptive(無停止)              nondisruptive(無停止)
             アグリゲートの再配置                     停止を伴う手順                   停止を伴う手順              nondisruptive(無停止)
           ストレージ フェイルオーバー                     停止を伴う手順                   停止を伴う手順              nondisruptive(無停止)

 

注意: SMB 2.x ファイル共有に接続されているアプリケーションは、 LIF 移行の実行から 15 分以内に、同じファイルへのマルチユーザアクセスを許可したり、開いているファイルハンドルを取得しないアプリケーションの場合にも、中断が発生する可能性があります。つまり、 SMB 2.0 以降で永続ハンドルが有効になっていても、永続ハンドルが正常に付与されないため、継続的なデータ可用性が妨げられる可能性があります。詳細については、 TR-4100 を参照してください。

追加情報

AdditionalInformation_Text :