メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

『 NetApp Storage Replication Adapter 4.0/7.x for ONTAP Sizing Guide 』

Views:
22
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-storage-replication-adapter
Specialty:
virt
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

 Storage Replication Adapter for SRM

回答

このサイジングガイドに®は、 ONTAP 管理者がアプリケーションの構成、負荷、および依存エンティティとの相互作用を理解するために必要な、 NetApp ストレージレプリケーションアダプタ 4.0/4.0p1/7.x の情報が記載されています。SRA 4.0 、 4.0P1 、および 7.x : SRA サーバあたりの ONTAP サイジングの制限は次のとおりです。

項目 ONTAP 用の NetApp SRA 4.0 ONTAP 用の NetApp SRA 4.0p 1/7.x
アレイベースのレプリケーションを使用して保護するように構成された仮想マシンの総数 2,000 5,000
保護グループあたりの仮想マシンの総数 300 500
アレイベースのレプリケーション保護グループの保護グループの合計数 100 250
リカバリプランの総数 250 250
リカバリプランごとの保護グループの総数 100 100
リカバリプランごとの仮想マシンの総数 900 2,000
レプリケートされたデータストアの総数(アレイベースのレプリケーションを使用) 100 255

 

VMware Site Recovery Manager の動作制限の詳細について[1]は、 VMware ナレッジベースの記事『 Operational Limits for Site Recovery Manager 6.5 (2147110) 』を参照してください。

追加情報

ここにテキストを追加します。

 

Scan to view the article on your device