メインコンテンツまでスキップ

自己署名証明書の作成に SHA 2 を使用するように Virtual Storage Console を設定する方法

Views:
21
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
virtual-storage-console-for-vmware-vsphere
Specialty:
virt
Last Updated:

に適用されます

Virtual Storage Console for VMware vSphere

説明

デフォルトでは、仮想ストレージコンソールは、組み込みの自己署名証明書生成メカニズムに SHA1 を使用します。

この資料では、証明書の作成時にデフォルトを上書きして、 SHA2 を使用する方法について説明します。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device