メインコンテンツまでスキップ

VMware vSphere 上の NetApp アレイに対して、 reset_on_attempted_reserve ストレージアレイタイププラグインオプションを有効にする方法

Views:
53
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
virtual-storage-console-for-vmware-vsphere
Specialty:
virt
Last Updated:

に適用されます

FlexPod

説明

ストレージアレイタイププラグイン( SATP )は、 vSphere Storage Multipathing スタックの一部であり、ストレージアレイ関連のイベントの処理に役立ちます。  vSphere には、デフォルトの VMW_ALUA _SATP プラグインを使用する NetApp の主張ルールが含まれています。このプラグインは、ストレージコントローラが ALUA 構成を使用している場合に、 ALUA ( Asymmetric Logical Unit Access )対応のストレージアレイで使用するために特別に設計されています。この資料reset_on_attempted_reserveでは、 ALUA SATP を使用して NetApp デバイスのオプションを有効にする権利ルールを追加する手順について説明します。

reset_on_attempted_reserveReserve(6) このオプションを使用すると、スイッチポートの停止やストレージコントローラのフェイルオーバーイベントなどの障害状態が原因でコマンドが応答を取得できなかった場合に、 LUN リセットをストレージアレイに送信できます。ストレージアレイは、 LUN リセット要求を受信したときに論理ユニットのリセットを実行し、すべての予約をクリアし、パワーオンまたはリセット( POR )ステータスを報告します。reset_on_attempted_reserveこのオプションを指定すると、 vSphere ホストは予約の損失や予約の喪失からの応答を回復できます。このため、デバイスがリセットされるまで I/O が進行しない可能性があります。  

reset_on_attempted_reserveVMFS DAStore を使用するすべての VMware vSphere 4.x ホストおよび 5.x ホストでは、このオプションを設定することを強く推奨します。これにより、ストレージファブリックまたはストレージコントローラの障害イベント後に発生する予約関連の中断を最小限に抑えることができます。この推奨事項は、 FC/FCoE 7-Mode SAN ALUA 構成およびすべての FC/FCoE/iSCSI Cluster-Mode SAN 構成に適用されます。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device