メインコンテンツまでスキップ

Virtual Storage Console :自動検出を無効にする方法

Views:
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
virtual-storage-console-for-vmware-vsphere
Specialty:
virt
Last Updated:

環境

Virtual Storage Console(VSC)

説明

Virtual Storage Console では、次の状況下で ESXi ホストとストレージシステムの両方に対して検出処理が実行されます。

  • スケジュールされた時刻に毎日実行されます
  • Virtual Storage Console サービスが再起動されたとき
  • データストアで変更が行われたとき

トラブルシューティングを行う場合は自動検出を無効にすると便利ですが、  この方法が役立つ可能性があるシナリオは、次のとおりです。

  • 検出対象となるオブジェクトが数千個ある大規模な環境
  • VSC は検出状態が一定であり、その結果、統合アプライアンスまたは ONTAP Tools for VMware アプライアンスのリソース利用率が向上する場合があります
  • 障害処理( Storage Replication Adapter や VASA Provider など)のトラブルシューティングを行うには、検出を無効にすると効果的な場合があります。

注:

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device