メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

VSC for VMware では、 ESX ホストの再起動を有効にするためにどのような設定が必要ですか。

Views:
39
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
virtual-storage-console-for-vmware-vsphere
Specialty:
nfs
Last Updated:

に適用されます

FlexPod

回答

VSC ( Virtual Storage Console ) for VMware には、登録先の vCenter に接続されている任意の ESX ホストまたはすべての ESX ホストで、 NFS 、 MPIO 、 HBA 設定に NetApp 推奨値を割り当てる機能があります。ただし、特定の NFS および HBA 設定を有効にするには、 ESX ホストを再起動する必要があります。

以下に設定を示します。再起動が必要な設定は、アスタリスク( * )で示されます。

NFS 設定

  • Net.TcpipHeapSize *   
  • Net.TcpipHeapMax *
  • NFS.MaxVolumes
  • NFS.HeartbeatMaxFailures
  • NFS.HeartbeatFrequency
  • NFS.HeartbeatTimeout

MPIO 設定

  • PSP changes: ALUA が有効な ESX 4.0 + FC パスの場合は、 RR (ラウンドロビン)に設定します。それ以外の構成では、すべてFIXEDに設定されます。
  • ALUA:コントローラの igroup で設定します。ESX は、ホストがリブートされるまで認識できません。

アダプタ設定

  • Disk.QFullSampleSize
  • Disk.QFullThreshold
  • Emulex FC HBA timeouts *
  • QLogic FC HBA timeouts *
  • QLogic iSCSI HBA timeouts *

追加情報

N/A

 

Scan to view the article on your device