メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

VSCPreferences.xml ファイルで使用できる VMware 環境設定の VSC について教えてください。

Views:
3
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
virtual-storage-console-for-vmware-vsphere
Specialty:
virt
Last Updated:

に適用されます

  • FlexPod
  • VSC リリース 4.x/5.x/6.x

回答

vscPreferences.xmlVirtual Storage Console ( VSC )のカスタマイズ可能な環境設定は、次のとおりです。<VSC_install_path>> NetApp > Virtual Storage Console > etc > vsc このファイル/opt/netapp/vscserver/etc/vsc は、 VSC Release 4.x 、 5.x 、 6.x のにあり、 VSC 7.0 アプライアンスのにあります。この記事には、環境設定のデフォルト値も記載されています。 

注意
:これらの値を変更すると、 VSC for VMware の動作や vCenter Server のパフォーマンスに影響する場合があります。デフォルトの動作を変更する場合は、グローバルサポートセンターから指示を受けてから行ってください。
  • default.server.discovery.threads: 8
    • このオプションは、検出中に実行される同時スレッド数を設定します
    • 指定できる値は 4 ~ 32 です
    • 無効な値を入力すると無視され、デフォルト値の 8 が使用されます
  • default.client.refresh.timer: 15
    • このオプションでは、別のクライアントがデータを更新するときに、 VMware クライアントの VSC が更新されるまでの時間を指定します
    • 指定できる値は 5 ~ 60 です
    • 無効な値を入力した場合は無視され、デフォルト値の 15 が使用されます
  • default.server.discovery.autostart: true
    • このオプションは、起動時に検出プロセスをすぐに開始するかどうかを決定します
    • false に設定した場合、概要パネルで Update をクリックして手動検出を実行するまで、 GUI にデータは表示されません
    • デフォルト値はtrueです。
  • default.server.discovery.scheduled: true
  • default.server.discovery.hour: 06
  • default.server.discovery.minute: 00
    • これらのオプションは、スケジュールのバックグラウンドプロセスとして検出を実行するかどうかを制御します。
    • デフォルト値はtrueです。
    • default.server.discover.hour は、スケジュールされたバックグラウンドディスカバリを実行する時間を設定します
    • default.server.discover.minute :スケジュール設定されたバックグラウンド検出を実行する時刻を分単位で設定します
  • default.server.tasks.staletimeout: 60
    • このオプションは、実行前またはキューに入っているタスクが古くなって終了するまでの最小待機時間を制御します
    • デフォルト値は 60 分です
  • default.client.show.unassociatedcontrollers: false
    • このオプションは、関連付けられていないコントローラがクライアントに表示されるデフォルトの動作を変更します
    • 通常、関連付けられていないコントローラは、ユーザが vCenter インベントリパネルでデータセンター以上のエンティティを選択した場合にのみ表示されます
    • 認証に失敗したコントローラや SSL が未設定のステータスは、関連付けられていないと分類されます。
    • デフォルト値は false です

追加情報

N/A